NEW

コントレイルに「喧嘩を売った男」石川裕紀人、無念の降板劇から2年で掴んだ栄冠

コントレイルに「喧嘩を売った男」石川裕紀人、非情の降板劇から2年で掴んだ栄冠の画像1
ブラックホール

「コントレイルにも一矢報いることができるんじゃないかなって」

 一昨年の夏、『netkeiba.com』の『今週のface』でインタビューに応じた石川裕紀人騎手は、相棒のブラックホールとそんな小さな野望を抱いていた。

 2連勝で札幌2歳S(G3)を制したブラックホールは、翌年の春のクラシック戦線を石川騎手と共に走り抜けた。しかし、皐月賞(G1)は9着、日本ダービー(G1)も7着と同世代トップクラスの厚い壁に跳ね返されている。その頂点にいたのが、無敗の二冠馬コントレイルだった。

 一見、無謀な挑戦にも見えるが、毎日のように調教に乗っていた石川騎手は、相棒の類稀なるステイヤーとしての可能性を感じていた。あえて同世代の絶対王者の名を口にしたのも、舞台が淀の3000mだからこそだ。

「本当に、本当に楽しみですね。間違いなくクラシック三冠では1番合っている舞台だと思いますから」

 ご存知の通り、この年の菊花賞(G1)ではコントレイルがシンボリルドルフ、ディープインパクトに続く史上3頭目の無敗三冠を達成。そんな中、ブラックホールは14番人気という低評価を覆して5着に好走している。

 しかし、その鞍上に石川騎手の姿はなかった。インタビュー後の札幌記念(G2)で惨敗したブラックホールの陣営からは、藤岡佑介騎手への乗り替わりが発表されていたのだ。

 前述のインタビューでは「だから菊花賞まではブラックホールの背中から下ろされないようにしたいです(苦笑)」と自嘲気味に語っている石川騎手。だが、その直後の「これは必ずしも冗談ではなくて」「厩舎やオーナーの期待に、自分は応えられていない」という言葉からは、ブラックホールが1年間勝利から遠ざかっている危機感がひしひしと感じられていた。

 その後、ブラックホールは翌年春の調教中に故障で競走能力を喪失し、そのまま引退。石川騎手がその背中に戻ることはないまま、2人の冒険は幕を閉じている。

「うれしい以外の言葉が、ちょっと見つからないです」

コントレイルに「喧嘩を売った男」石川裕紀人、無念の降板劇から2年で掴んだ栄冠のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  2. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  3. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  4. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  5. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  6. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  7. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…
  8. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  9. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  10. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補