NEW

川田将雅ら日本トップも油断は禁物!? R.ムーア、D.レーン不在も安心できないワケ

【この記事のキーワード】, ,
川田将雅ら日本トップも油断は禁物!? R.ムーア、D.レーン不在も安心できないワケの画像1
C.デムーロ騎手 撮影:Ruriko.I

 先週のチャンピオンズC(G1)こそ敗れたものの、ここまでエリザベス女王杯(G1)をC.デムーロ騎手、マイルCS(G1)をD.レーン騎手、ジャパンC(G1)をR.ムーア騎手が勝利するなど、秋G1で外国人ジョッキーが猛威をふるっている。

 勿論、世界的な名手たちはG1だけでなく、平場のレースでも勝利を量産。川田将雅騎手をはじめとする日本のトップジョッキーたちでさえ、外国人ジョッキーに騎乗馬が流れるケースも珍しくない。短期免許で彼らが来日している間は、有力馬を抱えているトップクラスの騎手ほど“被害”に遭いやすいだろう。

 ただ、今週末は香港国際競走が開催されるため、そちらに参戦するレーン騎手やムーア騎手は不在となる。また前者は11日、後者は9日に短期免許期間が終了するため、香港遠征後に日本へ戻ってくる予定もなさそうだ。

 それに加え、C.デムーロ騎手も来週の朝日杯フューチュリティS(G1)週まで騎乗停止とあって、密かに胸を撫で下ろした騎手もいたのではないか。

新たな刺客が日本での騎乗を予定…

 しかし、天敵ともいえる外国人ジョッキーたちがこぞって不在だからといって安心するにはまだ早い。というのも、今週末の10日から新たな刺客としてD.イーガン騎手が日本での騎乗を予定しているからである。

 イーガン騎手は、現在来日中のT.マーカンド騎手やH.ドイル騎手らと共に、英国を拠点に活躍する若手のホープ。今夏には、札幌競馬場で行われた「2022ワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)」に参加したこともあって、その名を覚えているファンも多いのではないだろうか。

 父は現役騎手として活躍中のJ.イーガン騎手で、祖父と母は障害競走の調教師という競馬一家の家系。日本のワールドスーパージョッキーズシリーズ(2013年)で優勝したR.ヒューズ騎手(現調教師)を叔父に持つ、日本にも縁ある競馬ファミリーの出身だ。3年前の秋には、凱旋門賞(G1)出走のため、英国で調整中だったフィエールマンの調教に跨った経験もある。

 弱冠23歳とはいえ世界的な実績も十分で、昨年3月のドバイシーマクラシック(G1)では日本のクロノジェネシス(2着)やラヴズオンリーユー(3着)を退け、ミシュリフを勝利に導いている。

 その後も、同年の英インターナショナルS(G1)を同じくミシュリフで制し、今年9月には英セントレジャー(G1)をエルダーエルダロフで勝利するなど、英国の若手有望株として確かな存在感を示した腕利きだ。

 そんなイーガン騎手が今週末には早速、中日新聞杯(G3)でダービー馬ワグネリアンの弟カントルに騎乗予定。翌日の阪神JF(G1)では、デビューから2連勝を飾りファンタジーS(G3)で1番人気に支持された素質馬アロマデローサを任されるなど、来日早々から重賞に参戦予定となっている。

 今回の来日で結果を残すようなら近い将来、再来日することもあるだろう。ゆくゆくは英国の若きホープが、日本騎手の前に立ちはだかるかもしれない。

ハイキック熊田

〈著者プロフィール〉

ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

川田将雅ら日本トップも油断は禁物!? R.ムーア、D.レーン不在も安心できないワケのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  2. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  3. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  4. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  5. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  6. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  7. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…
  8. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  9. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  10. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補