NEW

主役を襲った川田将雅「離脱」の大誤算…不運の使い捨て男に挽回のチャンス?

【この記事のキーワード】, ,
主役を襲った川田将雅「離脱」の大誤算…不運の使い捨て男に挽回のチャンス?の画像1
川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

 11日、阪神競馬場で行われる阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)は、アルテミスS(G3)を優勝したラヴェルと同2着リバティアイランドの二強ムードが濃厚だ。『netkeiba.com』で公開されている単勝の予想オッズでも両馬の人気が拮抗しており、3番手以降の馬を大きくリードしている。

 前走は最後の直線でスムーズな進路を取れなかったリバティアイランドを尻目に出遅れたラヴェルが後方から外を回して出し抜くような格好で先着。敗れはしたものの、ゴール前で猛追したリバティアイランドの末脚は一際目を引くものだった。

 中内田充正厩舎と川田将雅騎手のコンビは、3年前の阪神JFに大本命のリアアメリアで挑んだが、5馬身差のレコードで逃げ切り勝ちを収めたレシステンシアに敗れた苦い記憶もある。

 公私に渡って昵懇の仲である黄金コンビも朝日杯フューチュリティS(G1)はダノンプレミアム(2017年)、グレナディアガーズ(2020年)で制したものの、2018年に阪神JFを制したダノンファンタジーはC.デムーロ騎手の手綱だった。再び訪れた絶好のチャンスを川田騎手でという想いはあっただろう。

 しかし、後は結果を待つのみというタイミングで思わぬ報せが舞い込んだ。6日に香港ジョッキークラブが発表した情報によると、川田騎手に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたという。

 そのため、7日に騎乗を予定していた香港騎手招待競走「インターナショナルジョッキーズチャンピオンシップ」への参加は見送られ、まだ確定はしていないとはいえ、今週末の騎乗も不鮮明に近い状況となってしまった。

 中内田厩舎にとってもこれは大誤算であり、阪神JFに出走するリバティアイランドの鞍上問題にも発展する。そしてこれは、土曜中京のメインレース・中日新聞杯(G3)に出走するプログノーシスについても同様だ。

 いずれも厩舎の看板馬として期待の大きな馬であり、負けられない一戦を川田騎手が離脱した状況で臨むこととなる。これを受けてネットの掲示板やSNSでは、ファンの間で早くも乗り替わり候補の推理が始まったが、中でもとある騎手にとりわけ大きな注目が集まった。

不運の使い捨て男に挽回のチャンス?

 中内田厩舎のJRA重賞勝ちは、最多20勝を挙げる川田騎手でイメージ通りだが、2番目に勝ち星を挙げている騎手となると、即答できるファンは多くないかもしれない。

 トップの川田騎手と大きな差があるものの、3勝で並ぶ2位タイが実は2人いる。1人目のC.デムーロ騎手は、既に多くのG1勝利もある外国人騎手だが、もう1人の藤岡佑介騎手については、意外に感じたファンがいるかもしれない。

主役を襲った川田将雅「離脱」の大誤算…不運の使い捨て男に挽回のチャンス?の画像2
藤岡佑介騎手

 藤岡佑騎手が挙げた3勝の内訳は、2020年阪神C(G2)のダノンファンタジー、昨年のデイリー杯2歳S(G2)と今年の富士S(G2)のセリフォス。特に後者はG1前の前哨戦で騎乗を任されて勝利という最高の結果を残したにもかかわらず、本番では外国人騎手に乗り替わる不運もあった。

 だが、今週末に限っては川田騎手が不在の上にD.レーン、C.デムーロ、R.ムーア、C.ルメールら外国人騎手の騎乗もないだけに、中内田厩舎のスーパーサブといえる藤岡佑騎手にとって絶好のチャンスとなるはずだ。

 結果的に使い捨てにされるような格好で降板したセリフォスがマイルCS(G1)を勝っただけでなく、お手馬だったジャックドールも香港C(G1)で武豊騎手へ乗り替わる不運もあった藤岡佑騎手。セカンドドライバーを任されている中内田厩舎の期待馬から、騎乗依頼はあるだろうか。

※リバティアイランドが所属するサンデーサラブレッドクラブの発表によると、前日10日の検査で川田騎手の陰性が確認できれば騎乗可能とのこと。

黒井零

〈著者プロフィール〉

1993年有馬記念トウカイテイオー奇跡の復活に感動し、競馬にハマってはや30年近く。主な活動はSNSでのデータ分析と競馬に関する情報の発信。専門はWIN5で2011年の初回から皆勤で攻略に挑んでいる。得意としているのは独自の予想理論で穴馬を狙い撃つスタイル。危険な人気馬探しに余念がない著者が目指すのはWIN5長者。

主役を襲った川田将雅「離脱」の大誤算…不運の使い捨て男に挽回のチャンス?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  2. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  3. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  4. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  5. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  6. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  7. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…
  8. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  9. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  10. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補