NEW

【中日新聞杯(G3)予想】キラーアビリティは切り!走り頃の厳選中穴馬から狙う

【この記事のキーワード】, ,

【中日新聞杯(G3)予想】キラーアビリティは切り!走り頃の厳選中穴馬から狙うの画像1

 今回は年末の中距離ハンデ重賞、中日新聞杯(G3)を予想していく。

 先週の振り返り。まずステイヤーズS(G2)だが、△シルヴァーソニック1着、◎プリュムドール2着までは良かったが、3着が近走不調で切ったディバインフォース。今までの不調は何だったんだ、と思うほど良い脚で後方から伸びてきて3着に入られてしまった。

 チャレンジC(G3)は▲ルビーカサブランカと○エヒトは狙い通りに2着、3着を確保するも1着はないと思ったソーヴァリアント。レッドベルオーブがハイペースを作りだしたが、前目で競馬していたソーヴァリアントは何食わぬ顔で伸びてきてあっさり勝ってしまった。

 チャンピオンズC(G1)は◎→△→○で的中。テーオーケインズは直線伸びてきたし、勝ちまでありそうな脚色だったが200mを過ぎて脚が止まったように見えた。予想でも書いたがこれが「不可解な負け」なのである。テーオーケインズもオカルトじみたジンクスには勝てなかったということか。一応、万馬券ということでご馳走さまでした。

 さて予想に戻ろう。

 まずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データ、と言いたいところだが、このレースは17年から施行条件は変わらないが施行時期が春先から年末に戻されている。

 さすがに前走データなので5年分のズレは大きいため、過去5年15頭のデータとする。
天皇賞・秋、府中牝馬S、オクトーバーS(L)、アンドロメダS(L、OP) 各2頭
エリザベス女王杯、セントライト記念、小倉記念、関屋記念、小倉大賞典、カシオペアS(L)、ケフェウスS(OP) 各1頭
となっている。G3格付けの割に前走条件戦は1頭もおらず、すべてオープンか重賞。G1からの転戦馬もいるのでそれなりの実力馬がそろっている証拠だろう。前走関屋記念(G3)だけマイルだが、基本は1800m~2200mと中距離からの転戦。

 続いて人気順の成績を見てみよう。これは過去10年分とする。
1番人気 2-2-2-4
2番人気 2-1-1-6
3番人気 0-2-1-7
4~6番人気 3-0-3-24
7~9番人気 2-3-1-24
10番人気以下 1-2-2-78
となっている。1番人気は辛うじて信用できるかという数字で、近5年に絞ると19、21年以外の3頭が馬券に絡んでいる。数字の上では2番人気、3番人気はアテにしづらいのだが、2番人気に関しては近5年で3頭とそれなりに好走。それよりは人気薄が突っ込んでくるケースが多く、「買えそうな不人気馬」を探すべきだろう。


 これらを踏まえて「◎」は14番トゥーフェイスとする。

 前走はオクトーバーS。緩いペースで流れたレースを中団で進め、直線で抜け出しを図り2番手まで上がってきたところで後ろから差されて3着に終わった。

 2走前に3勝クラスを勝ち上がってオープン入りしたばかりの馬。新馬戦こそブービー負けを喫しているが、その後の未勝利戦から14戦して馬券圏外がわずか2回、しかもその2回が4着と掲示板を確保している堅実派。

 ここまで裏街道を進んできたため重賞経験もなく、真の意味で前走が初オープンだった。そこで3着ながらも時計も優秀。着差わずか0.2秒ということで健闘と言えよう。そこからの重賞ということでハードルは上がるが、前走の走破タイムはこのレースの平均的な時計より速く、またハンデ戦ということもあって前走から2kgもらって54kgで出られるのも好材料。ここは好走必至と見て押さえてみたい。

【中日新聞杯(G3)予想】キラーアビリティは切り!走り頃の厳選中穴馬から狙うのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA京都記念(G2)エフフォーリア横山武史に別れの予感!? 愛ゆえに発生したクラシック候補の鞍上問題、代役を任されたのは意外なビッグネーム
  2. 新たな「クロフネ来襲」で日本人騎手は面目丸潰れ!? JRA信者になったアノ騎手も再来日を熱望…「国外逃亡疑惑」の問題児も存在感
  3. JRA武豊インティ級の新星登場か、「低レベル」コントレイル世代から遅れてきた大物が登場? ヴェラアズール、ジュンライトボルトに続いた「三番目の風」
  4. シルクロードS(G3)ナムラクレア、マッドクールも危うし!? 今村聖奈のテイエムスパーダも被害、「ルーティン崩れ」で独壇場に黄信号
  5. 元JRA藤田伸二氏「頭おかしいんちゃうか?」岩田康誠を猛批判! 騎乗馬にムチで“後脚キック”誘発か……ばんえい競馬事件を超える悪質行為「幅寄せ事件」の真相
  6. JRA根岸S(G3)テイエムサウスダンは「転厩」で消し? 無視できぬデータから浮上した「オイシイ実力馬」とは
  7. 北島三郎オーナーが激怒か……キタサンブラックを「邪魔」したアノ馬に「勝てもしないくせに」?
  8. 第二のダイアトニック出現?まさかのコンビ解消でも目が離せない勝負師・岩田康誠
  9. お馴染み・細江純子氏の「暴走」が止まらない! 「私はサセコ」のぶっちゃけ発言に競馬ファン愕然
  10. 「伝説の新馬戦」圧勝の大器と福永祐一が新コンビ! 復権へ負けられない一戦