NEW

福永祐一も後ろ髪を引かれる思い!? 重賞1番人気最下位からの逆襲……二冠女王スターズオンアースを破った大器が3連勝でオープン入り

福永祐一も後ろ髪を引かれる思い!? 重賞1番人気最下位からの逆襲……二冠女王スターズオンアースを破った大器が3連勝でオープン入りの画像1
福永祐一騎手 撮影:Ruriko.I

 遅れてきた大器が、いよいよ軌道に乗った印象だ。

 22日、中京競馬場で行われた長篠S(3勝クラス)は、1番人気のルージュスティリア(牝4歳、栗東・藤原英昭厩舎)が勝利。単勝1.7倍の支持に応えて3連勝を飾り、一気にオープン入りを果たした。

「もう一度、やり直しですね」

 昨年4月、ルージュスティリアと主戦の福永祐一騎手はどん底にいた。オークス(G1)出走が懸かったフローラS(G2)で1番人気に推されたルージュスティリアだったが、最後の直線でズルズルと後退……。終わってみれば、屈辱の最下位の15着という結果だった。

 デビュー戦で後の二冠馬スターズオンアースを撃破しながらも福永騎手から「思い通りのレースではなかった」と指摘されるなど、世代トップクラスの能力を秘めつつも「気性面」という大きな課題を抱えていたルージュスティリア。

 桜花賞(G1)出走を懸けたチューリップ賞(G2)でもスタートで出遅れてしまい、上がり最速の末脚で追い上げるも6着に敗れるなど、高い能力を持て余している印象だった。

 そんな失意の春を乗り越え、秋に戻ってきたルージュスティリアは復帰戦となった1勝クラスを快勝。レース後の福永騎手の「上手な競馬をしてくれた」という言葉は、課題克服に尽力した関係者にとっても嬉しい一言だったに違いない。大器が浮上のきっかけを掴んだ瞬間だった。

福永祐一騎手も後ろ髪を引かれる思い!?

「これで3連勝ですが、クラスが上がるごとに相手が強くなっているにもかかわらず、じょじょに勝ち方が良くなっているところに大きなスケールを感じますね。この日(長篠S)もレース後に、福永騎手が『前に壁がない状態でも勝ち切れた』と評価した通り、課題の気性面もどんどん成長している印象です。

勝ち時計の1:33.5は、前日に同じ中京の芝1600mで行われた睦月S(OP)の1:34.1よりも0.6秒も速い時計。もともと持っているポテンシャルを発揮できれば、重賞の壁をあっさり超えても驚けませんね。マイル戦で3連勝しましたし、春のヴィクトリアマイル(G1)で見たい1頭です」(競馬記者)

 ちなみにルージュスティリアを除く、二冠女王スターズオンアースが先着を許したナミュール、パーソナルハイ、ライラック、プレサージュリフト、そしてスタニングローズらは、すべて重賞連対馬だ。さらにナミュール、ライラック、スタニングローズに至ってはG1連対馬に出世している。

 主戦の福永騎手は今年2月一杯の引退が決まっているが、「ちょっとずつ成長しています」と称えたルージュスティリアの存在には、後ろ髪を引かれる思いではないだろうか。次にスターズオンアースと再戦を果たすのは、大舞台になるはずだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

福永祐一も後ろ髪を引かれる思い!? 重賞1番人気最下位からの逆襲……二冠女王スターズオンアースを破った大器が3連勝でオープン入りのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  2. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  3. 武豊「偉業達成」の裏で空気一変!? 関西の名手が「負の連鎖」断ち切る快勝でドウデュースやエフフォーリアも油断禁物?
  4. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  5. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  6. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補
  7. お馴染み・細江純子氏の「暴走」が止まらない! 「私はサセコ」のぶっちゃけ発言に競馬ファン愕然
  8. JRA 岩田康誠「即日騎乗停止」でもはや四面楚歌!? 擁護の声は皆無に等しい日常の言動、関係者も危惧していた先輩騎手からの“後輩いびり”
  9. JRA大物離脱に鞍上交替…「風雲急を告げる」フェブラリーS(G1)、持っている騎手と持っていなかった騎手に「痛過ぎる」明暗
  10. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…