GJ > 競馬ニュース > 連覇狙う川田将雅の「弱点」も浮き彫り…スランプ脱却の元王者が逆襲に虎視眈々、徐々に大きくなる「Xデー」の足音
NEW

連覇狙う川田将雅の「弱点」も浮き彫り…スランプ脱却の元王者が逆襲に虎視眈々、徐々に大きくなる「Xデー」の足音

【この記事のキーワード】, ,
連覇狙う川田将雅の「弱点」も浮き彫り…スランプ脱却の元王者が逆襲に虎視眈々、徐々に大きくなる「Xデー」の足音の画像1
川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

 25日阪神競馬場で行われる宝塚記念(G1)を控えた中央競馬。グランプリを前に今年のリーディングジョッキー争いも白熱している。

 昨年はデビュー19年目にして初の全国リーディングを川田将雅騎手が獲得。2017年から21年まで5年間、不動のトップを守り続けていたC.ルメール騎手の牙城を崩すことに成功した。

「日本人騎手としてJRAの生え抜き騎手として、戸崎圭太騎手がリーディングを獲った後、C.ルメール騎手がリーディングを獲る中で、取り返したいという思いで時間はかかってしまいました」

 こちらは「本当に感慨深いです」と振り返った川田騎手のコメントだが、日本のトップにまで上り詰めた名手の視線は当然ながら連覇だろう。今年も先週の開催を終えた段階で70勝を挙げて単独1位。このまま独走態勢に持ち込むことができれば、2年連続のリーディングも夢ではない。

 しかし、昨年についてはルメール騎手が、ちょっとしたスランプに近い状況だったことも大きかった。

連覇狙う川田将雅の「弱点」も浮き彫り…スランプ脱却の元王者が逆襲に虎視眈々、徐々に大きくなる「Xデー」の足音の画像2
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 リーディングを守り続けた年には200勝前後をマークしていたものの、昨年に限れば109勝と半減。川田騎手に首位を明け渡しただけでなく、2位の戸崎圭太騎手、3位の横山武史騎手、4位の松山弘平騎手にも後れを取って5位まで落ち込んだ。これはルメール騎手が15年から正式にJRA所属の騎手となって以来、最も悪い成績である。

 勿論、そんなことは川田騎手も重々承知の上だろう。名前を出した本人も実力を十分に発揮したルメール騎手を倒してこそ意味があると考えているはずだ。

 対するルメール騎手も王座奪回に向けて、今年は好調をキープしている。現在65勝でトップと5勝差程度なら十分に射程範囲。得意の北海道で勝ち星の量産も見込めるのではないか。もはや恒例となっている正月休みや夏季休暇を取得しながら、過去にリーディングを維持していただけに、大きなビハインドとはならないのではないか。

連覇狙う川田将雅騎手の「弱点」も浮き彫り…

 その一方、川田騎手の課題となりそうなのは、短期免許で来日する外国人騎手たちの存在だ。

 D.レーン騎手がテン乗りで日本ダービー(G1)を制し、乗り替わりの馬が勝てないという負のジンクスを克服したことが話題となる中、思うように勝ち星を伸ばせずペースダウン。一時は突き放したルメール騎手との差も5勝差まで詰まったように、新旧王者がデッドヒートを繰り広げている。

 今年の秋にはR.ムーア騎手やJ.モレイラ騎手をはじめ、複数の“刺客”が来日するという噂もあるだけに、馬質の低下は免れないだろう。

 川田騎手が現役随一の勝率の高さを誇るとはいえ、それは勝ち負けの期待が大きな馬を吟味して乗鞍を絞っていることも、後押しとなっている。勝ち星の多数を占めるノーザンファームや社台ファームが重賞で外国人騎手を優先的に騎乗させるため、競合相手が増えるのは厄介だ。

 ただでさえ、昨年のスランプから脱却したライバルに加え、少数精鋭の騎乗馬も外国人騎手の存在で割を食うのだから、連覇のハードルは必然的に上がってくる。

 また、グランプリではルメール騎手が大本命と目されるイクイノックスに騎乗を予定しているが、川田騎手はブレークアップとのコンビを予定。G1級の素材と評価されているプログノーシスでの参戦を期待されたが、どうやら復帰はまだ先の話となるようだ。

 上半期の総決算といえる宝塚記念の週を含めて6月も残り2週。王座奪還の「Xデー」到来を目論むライバルの足音も徐々に大きくなりつつある。2年連続リーディングを盤石のものにしたい川田騎手としても、トップを維持したまま前半戦を折り返したいところだ。

黒井零

1993年有馬記念トウカイテイオー奇跡の復活に感動し、競馬にハマってはや30年近く。主な活動はSNSでのデータ分析と競馬に関する情報の発信。専門はWIN5で2011年の初回から皆勤で攻略に挑んでいる。得意としているのは独自の予想理論で穴馬を狙い撃つスタイル。危険な人気馬探しに余念がない著者が目指すのはWIN5長者。

連覇狙う川田将雅の「弱点」も浮き彫り…スランプ脱却の元王者が逆襲に虎視眈々、徐々に大きくなる「Xデー」の足音のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【小倉大賞典】10万馬券を演出した今村聖奈と分かれた明暗…「106戦1勝」の同期に訪れた試練の時
  2. C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」G1の舞台で超大物誕生の予感? 圧倒的な強さに陣営は米クラシックも視野…気になるのは「鞍上問題」の行方か
  3. 【フェブラリーS】ハイペース追走ウィルソンテソーロ「完敗」で初G1制覇持ち越し…今年重賞で「オール圏外」松山弘平には厳しい声も
  4. 「再生回数340万超」話題沸騰の武豊×蛯名正義コンビが好素材で白星! 期待される「あの超大物」に続く活躍
  5. 【フェブラリーS】「馬に申し訳ないです」騎手が謝罪の大敗もノーカン?人気急落だからこそ侮れない… 勝率「1.9%」でもアノ馬の激走に要警戒
  6. 武豊「ノーステッキ」でドウデュースの再現!? 格の違い見せた「久しぶりにこの馬らしい走り」…大本命の川田将雅は力負けの馬券圏外
  7. 【フェブラリーS】三冠馬の主戦はなぜ「最低人気馬」を選択したのか?「何だか勘違いされてる方いるみたい」渦中の調教師が憶測に反論
  8. 【フェブラリーS】なぜ川田将雅の代打が「リーディング50位騎手」なのか…最後のG1迎える名伯楽が託した「ロードカナロアの背中を知る」男
  9. あの「人気競馬YouTuber」がフェブラリーSで超高額配当ゲット!? 「払戻いってくるね」わずか1分40秒足らずで平均年収に近い金額もまさかの結末
  10. 【フェブラリーS】「元お手馬」のG1勝利に胸中は複雑?重賞初勝利で学んだ判断力の重要性…「鞍上強化」のお手本騎乗が今後の糧になるか