GJ > 競馬ニュース > 「約12億円」今年のダノン軍団がヤバすぎる!? 評判馬ダノンエアズロックをはじめ世界的良血やG1馬の弟も続々スタンバイ、まるで銀河系ラインナップ
NEW

「約12億円」今年のダノン軍団がヤバすぎる!? 評判馬ダノンエアズロックをはじめ世界的良血やG1馬の弟も続々スタンバイ、まるで銀河系ラインナップ

「約12億円」今年のダノン軍団がヤバすぎる!? 評判馬ダノンエアズロックをはじめ世界的良血やG1馬の弟も続々スタンバイ、まるで銀河系ラインナップの画像1
撮影:Ruriko.I

 先週11日に東京・芝1800mで開催された2歳新馬戦は、昨年のセレクトセールにおいて約5億円で取引されたダノンエアズロック(牡2歳、美浦・堀宣行厩舎)が、前評判に違わぬ走りを見せてくれた。

 2番手追走から直線で楽々抜け出すと、後続を寄せ付けずに堂々の押し切り。手綱を取ったD.レーン騎手も「いい経験になった。いい勝利でしたね」とパートナーのデビューVを褒め称えた。

 勝ちタイムの1分48秒1は稍重の馬場状態だったものの、6月に開催された東京・芝1800mの新馬戦で歴代最速時計だ。後に皐月賞(G1)を勝つことになるジオグリフのそれを上回ったのだから、文句なしに来年のクラシック候補の1頭だろう。

 ただ、今年のダノン軍団が凄いのは、ダノンエアズロックだけではない。

「約12億円」今年のダノン軍団がヤバすぎる!?

 昨年のセレクトセールにおいてダノックスの関係者がダノンエアズロックとともに手に入れたかったと語っていたのが、2億4200万円(以下税込)の高額で購入したモーリス産駒のダノンマッキンリー(牡2歳、栗東・藤原英昭厩舎)である。

 母ホームカミングクイーンは現役時代、英国1000ギニー(G1)を9馬身差で圧勝。半姉のシェールもアイルランドでG1勝ちを収めており、また近親には欧州で凱旋門賞(G1)などG1・6勝のディラントーマスがいるなど、見紛うことなく世界的良血馬の1頭だ。

 先月末には栗東のウッドコースで古馬と併せ馬を行い、食らいつく動きを披露している。デビュー戦ではダノンエアズロックに勝るとも劣らないほどの走りを見せてくれるかもしれない。

 ダノンスウィッチ(牡2歳、栗東・音無秀孝厩舎)は、一昨年の同セールにおいて1億6500万円で取引されたアメリカンファラオ産駒。陣営は『サンケイスポーツ』の取材に「何事もなく順調にきています。しっかり(調教も)動けていますし、悪くないですよ」と高評価のコメントを残している。

 近年、後のG1馬や重賞勝ち馬などを多数輩出している宝塚記念(G1)当日の芝1800mでC.ルメール騎手を背にデビューを予定していることからも、期待の高さが窺えそうだ。

 ダノンマカルー(牡2歳、美浦・田中博康厩舎)は、1億4300万円ホースで母デックドアウトはアメリカンオークス(G1)の勝ち馬。父も初年度から3年連続でクラシックホースを輩出しているドゥラメンテだけに間違いなく注目が集まりそうだ。今月9日ゲート試験に合格しており、デビューの時が着実に近づいている。

 またキズナ産駒の2頭、8580万円のダノンロッキー(牡2歳、美浦・萩原清厩舎)は近親にカジノドライヴがおり、4月にゲート試験合格。ダノンピレネー(牡2歳、栗東・高柳大輔厩舎)は3960万円と先述した馬たちに比べると手頃な価格だが、母タミーザトルピードは現役時代にアメリカで重賞を複数勝っていることからも、間違いなく潜在能力は秘めている1頭だろう。

 ここまで取り上げた6頭のセレクトセールにおいての取引総額は11億7040万円に上る。さらに今年のダノン軍団には庭先で取引されたダノンキラウェアもいるが、こちらもNHKマイルC(G1)を勝ったダノンスコーピオンの全弟という良血なのだからまさに驚きのラインナップである。

「高額馬が走るとは限りませんが、ダノンエアズロックはご覧の通りの強さなどダノックスの相馬眼は素晴らしいだけに、これは相当凄いことになりそうですね。何しろ全部牡馬というのも今年の大きな特徴でしょう。

オーナーは2019年の日本ダービー(G1)において、ダノンキングリーで相当悔しい思いをしたはずですし、今年の2歳世代は例年以上に日本ダービーにかける意気込みの強さを感じます」(競馬誌ライター)

 かつて英国の政治家ウィンストン・チャーチルも「ダービー馬のオーナーになることは一国の宰相になることより難しい」との言葉を残しているだけに、やはりダービーオーナーの栄誉は誰もが憧れるのだろう。「約12億円」ダノン軍団の本気は実を結ぶだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「約12億円」今年のダノン軍団がヤバすぎる!? 評判馬ダノンエアズロックをはじめ世界的良血やG1馬の弟も続々スタンバイ、まるで銀河系ラインナップのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」