GJ > 競馬ニュース > 川田将雅「遅れてきた3億円馬」7馬身差の圧勝劇に心中複雑!? 米ブリーダーズC優勝の“代償”に手放した大器をC.ルメールが絶賛
NEW

川田将雅「遅れてきた3億円馬」7馬身差の圧勝劇に心中複雑!? 米ブリーダーズC優勝の“代償”に手放した大器をC.ルメールが絶賛

川田将雅「遅れてきた3億円馬」7馬身差の圧勝劇に心中複雑!? 米ブリーダーズC優勝の代償に手放した大器をC.ルメールが絶賛の画像1
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

「全部、持っている」

 衝撃の日本レコード1:55.2で天皇賞・秋(G1)を制したイクイノックスを「完璧な馬」と評したC.ルメール騎手は、この「遅れてきた大器」をどう評価しているだろうか。

 天皇賞・秋発走の約2時間前に行われた東京8R本栖湖特別(2勝クラス)。この日のイクイノックスの走りは全国の競馬ファンを驚かせたが、このレースで見せたダノンギャラクシー(牡4歳、美浦・国枝栄厩舎)の走りもまた衝撃的だった。

 7頭立てで行われた芝2400mのレース。2番手を追走したダノンギャラクシーは、最後の直線で逃げ馬を楽に交わすと、そこからは完全な一人旅。後続をみるみる突き放して、最後は7馬身差という大差になった。これにはレース後、2着ファンタジアのJ.モレイラ騎手も「1頭、強い馬に当たってしまった」と自らの不幸を嘆く他なかったようだ。

 ちなみに2着に1.1秒差をつけた勝ち時計2:22.8は、同じルメール騎手×国枝厩舎のアーモンドアイが「世紀の一戦」と呼ばれた2020年ジャパンC(G1)で記録した2:23.0より0.2秒速い。無論、これだけでG1を勝てると言うつもりはないが、何故、これだけの大物候補が4歳秋に2勝クラスに留まっていたのだろうか。

「2019年のセレクトセールで2億9000万円で落札されるなど、将来を嘱望されていた馬です。しかし、昨年の青葉賞(G2)を感冒で取り消すなど体質や脚元に不安があり、ここまで出世が遅れてしまいました。

ようやく帰ってきましたし、今回はモノが違う勝ち方。これで東京・芝2400mは3戦3勝となりましたし、今年は無理でも来年のジャパンCで見てみたい1頭です。遅れた分、これから大きく期待したいですね」(競馬記者)

 ダノンギャラクシーは昨年、日本ダービー(G1)の前日に1勝クラスを快勝。秋の飛躍を期待される1頭だった。しかし、そこから脚部不安で約1年半の長期離脱……。今回が待望の復帰戦だったのだ。

 長期休養明けを感じさせない圧勝劇には、ルメール騎手も「休養前のレースよりも手応え良く運ぶことができた」と成長を実感。「長い距離で良い馬ですね」と今後の展望を明かしている。

川田将雅「遅れてきた3億円馬」7馬身差の圧勝劇に心中複雑!? 米ブリーダーズC優勝の代償に手放した大器をC.ルメールが絶賛の画像2
川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

川田将雅騎手 7馬身差の圧勝劇に心中複雑!?

 その一方で、複雑な心境なのは4着馬エルディアブロに騎乗し「遅れてきた大器」の成長を目の当たりにした川田将雅騎手かもしれない。

 今からちょうど2年前の10月31日は、天皇賞・秋の開催日だった。ダノンギャラクシーは当初、その日に川田騎手でデビューする予定だったが、追い切り内容に不満を抱いた国枝調教師の“鶴の一声”でデビュー戦が延期に……。

 結局、ダノンギャラクシーは翌週の11月6日にデビューしたのだが、あろうことか川田騎手は米国のブリーダーズカップに参戦していたために騎乗できず。急遽、代役が回ってきたのがルメール騎手だった。

 2021年のブリーダーズカップといえば、川田騎手がラヴズオンリーユーとのコンビでBCフィリー&メアターフ(G1)を優勝。日本人騎手として初のBC覇者となり、歴史にその名を刻んでいる。

 あの歴史的勝利から2年。ジョッキーとして極めて大きな栄誉を掴んだ川田騎手だが、その“代償”をこれから支払うことになるのかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

川田将雅「遅れてきた3億円馬」7馬身差の圧勝劇に心中複雑!? 米ブリーダーズC優勝の“代償”に手放した大器をC.ルメールが絶賛のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か