GJ > 競馬ニュース > 今村聖奈「逆風スタート」から再ブレイクへ! 「新女王」永島まなみも勝負の1月…藤田菜七子も存在感
NEW

今村聖奈「逆風スタート」から再ブレイクへ! 「新女王」永島まなみも勝負の1月…藤田菜七子も存在感

【この記事のキーワード】, ,
今村聖奈「逆風スタート」から再ブレイクへ! 「新女王」永島まなみも勝負の1月…藤田菜七子も存在感の画像1
撮影:Ruriko.I

 毎年のように慌ただしい年末年始だが、年も明けて6日からは中山と京都で新春競馬がスタートする。今年は金杯の開催日が土日とくっついているため、新年早々に3日間の変則開催。景気よくお年玉ゲットに成功するか、それとも開幕で大出遅れとなるか……。結果は自分次第なだけに、しっかりと予想したいものである。

 そして、今年は短期免許で来日した外国人騎手が多数参戦するのも大きな特徴だ。

 C.ルメール騎手と混同しそうなA.ルメートル騎手をはじめ、L.モリス騎手にR.キングスコート騎手、R.ピーヒュレク騎手、R.キング騎手らが登場。例年以上に多彩な外国人騎手たちが盛り上げてくれそうだ。

 また、女性騎手たちによって繰り広げられる“女の戦い”も注目したい。

 昨年は、なんといっても若手騎手6名が、スマートフォンの不適切使用によって処分を受けた異例の事態も発生。競馬の公正確保を揺るがす大問題となった。もちろん、それぞれに猛省を求められる一件ではあったものの、30日間の騎乗停止期間は自身を見直すきっかけとなったことは間違いない。

 実際、騎乗停止処分が明けてからも勢いが衰えなかったのが永島まなみ騎手だ。昨年挙げた50勝はキャリアハイ。2年前に今村聖奈騎手がマークした女性騎手最多の51勝には及ばなかったものの、約1ヶ月の騎乗停止期間が含まれていたことを思えば、十分な結果を残した。デビュー3年で7勝→21勝→50勝と順調に勝ち数を伸ばしたのは、新女王に相応しい見事な成績といえるだろう。

 今村騎手に更新されるまで女性騎手最多のJRA年間43勝を記録していた藤田菜七子騎手も勝ち数こそ目立たないが、女性騎手で唯一スマホ不適切使用の一件に関わりがなかったことで評価が上がった。夏場に「単勝356.2倍」の超人気薄で大波乱を演出したことで話題となった。

 その一方で今年最も巻き返しに燃えていると考えられるのは、昨年大きく成績を落としてしまった今村騎手だろう。

 快進撃の続いた22年のデビュー年に挙げた51勝から、昨年は半数以下の25勝と予想外の低迷。前年から勝利数を倍増させた永島騎手との明暗が分かれた。『日刊スポーツ』に連載中のコラム『今村聖奈のLovelyDays』で、とにかく反省点が多かった1年として「自分の行動にもっと責任を持たないといけないと痛感しました」と振り返っている。

 ただ、年も替わって開幕ダッシュを決めたい今村騎手だが、3日間開催の騎乗予定はトータルで6鞍のみ。他の女性騎手と比較しても少々寂しい数字かもしれない。

■女性騎手6名の騎乗予定(6~8日)

永島まなみ 土曜京都3鞍、日曜京都6鞍、月曜京都6鞍
河原田菜々 土曜京都5鞍、日曜京都4鞍、月曜京都3鞍
小林美駒  土曜中山6鞍、日曜中山2鞍、月曜中山4鞍
藤田菜七子 土曜中山3鞍、日曜中山3鞍、月曜中山3鞍
今村聖奈  土曜京都2鞍、日曜京都1鞍、月曜京都3鞍
古川奈穂  なし(左鎖骨骨折により療養中)

 競馬と真摯に向き合うことで、関係者からの信頼を取り戻せば、騎乗数の増加も期待できるはず。逆風のスタートから再ブレイクに向けて結果を残すのみ。生まれ変わった“今村省奈”の2024年に注目だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

今村聖奈「逆風スタート」から再ブレイクへ! 「新女王」永島まなみも勝負の1月…藤田菜七子も存在感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」