GJ > 競馬ニュース > コントレイル、デアリングタクト世代のベテランが「最低人気」で超久々の祝杯!「真骨頂を見た」来月一杯でステッキを置くいぶし銀がまたも大仕事
NEW

コントレイル、デアリングタクト世代のベテランが「最低人気」で超久々の祝杯!「真骨頂を見た」来月一杯でステッキを置くいぶし銀がまたも大仕事

【この記事のキーワード】, ,
コントレイル、デアリングタクト世代のベテランが「最低人気」で超久々の祝杯!「真骨頂を見た」来月一杯でステッキを置くいぶし銀がまたも大仕事の画像1
秋山真一郎騎手

 13日、小倉競馬場の10Rに行われた小郡特別(2勝クラス)は、11頭立てシンガリ人気のダンツイノーバ(牝7歳、栗東・谷潔厩舎)と秋山真一郎騎手のコンビが優勝した。

 芝1200mのレース。ダンツイノーバと秋山真騎手はスタート後、すぐに下げて最後方からレースを運ぶ。ハナを切ったグランツベリーの前半600m通過タイムは33秒1。開幕週ということを考えてもやや速かったか。

 ダンツイノーバは絶好の手応えで4コーナーを上がっていき、最後の直線は大外。鞍上のゴーサインに応えるとメンバー最速となる上がり33秒5の末脚を繰り出し、先行勢をまとめて差し切ってみせた。

 今年で明け7歳となったダンツイノーバは、三冠馬のコントレイルやデアリングタクトと同世代。2020年9月以来、約3年4ヶ月ぶりの白星は陣営にとっても格別な1勝となったに違いない。

 また同馬を白星に導いた秋山真騎手も、これが2024年の初勝利となった。

来月一杯でステッキを置くいぶし銀がまたも大仕事

 来月45歳になるベテランは昨年12月、調教師試験に見事合格。1997年に騎手デビューし、ここまでJRA通算1056勝、カレンブラックヒルとローブティサージュでG1も制している職人気質の同騎手だが、今年2月一杯をもってステッキを置くこととなった。

 なお重賞は38勝を挙げている秋山真騎手だが、そのうち2004年の中京記念(G3)を16頭立て16番人気のメイショウキオウ、06年の函館スプリントS(G3)をシンガリ13番人気ビーナスライン、そして08年のキーンランドC(G3)も最低16番人気のタニノマティーニで制している。

 昨年8月に開催された小倉の釜山S(3勝クラス)でも最低人気・単勝万馬券のアッティーヴォで1着。三連単102万円オーバーの特大馬券を演出したことを覚えているファンもまだいるかもしれない。

 そんな秋山真騎手がまたしても最低人気馬とのコンビで大仕事をやってのけただけに、レース後にはSNSやネット掲示板に「秋山真一郎の真骨頂を見た」「引退までにもう一発くらいありそう」「さすが超人気薄の秋山真騎手」「調教師になっても追いかけ続けます!」といった称賛のコメントが寄せられている。

「今日は展開もハマりましたが、よく頑張ってくれました。上でも通用する脚はあると思います」

 レース後にはパートナーのダンツイノーバをそうねぎらった秋山真騎手。いぶし銀の手綱さばきが見られるのもあと2ヶ月弱というのは寂しい限りだが、人気の有無にかかわらず、この男の騎乗からは最後の最後まで目が離せそうにない。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

コントレイル、デアリングタクト世代のベテランが「最低人気」で超久々の祝杯!「真骨頂を見た」来月一杯でステッキを置くいぶし銀がまたも大仕事のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」