GJ > 競馬ニュース > 今村聖奈「乗せていただけることに感謝」早め先頭から2024年初V! 昨年はルーキーイヤーから勝ち星「半減」…デビュー3年目の巻き返しへ
NEW

今村聖奈「乗せていただけることに感謝」早め先頭から2024年初V! 昨年はルーキーイヤーから勝ち星「半減」…デビュー3年目の巻き返しへ

【この記事のキーワード】, ,
今村聖奈「乗せていただけることに感謝」早め先頭から2024年初V! 昨年はルーキーイヤーから勝ち星「半減」…デビュー3年目の巻き返しへの画像1
今村聖奈騎手 撮影:Ruriko.I

 27日、京都4Rに行われた新馬戦(ダート1400m)は、5番人気ファストレーン(牡3歳、栗東・野中賢二厩舎)が好位から抜け出して優勝。騎乗した3年目の今村聖奈騎手は2024年の初白星をマークした。

 フルゲート16頭のレース。ファストレーンと今村騎手はポンと好スタートを切ると、好位2、3番手の外目を追走。絶好の手応えで道中を進むと、4コーナーで早くも進出を開始した。

 最後の直線入り口で先頭に立つと、外から差を詰めてきた1番人気のアレに最後まで並ばせることなく、ゴール前では2馬身差をつけて振り切っている。

「4コーナーで待つことなく早めにスパートした今村騎手の好騎乗だったのではないでしょうか。2着のアレは祖母がダートG1・2勝のファストフレンドという血統馬であり、3着馬にも9馬身差をつけていたのですが、ファストレーンはそれを寄せ付けずに押し切ったのだから見事なものです。

管理する野中調教師によればまだ体がついてきていない部分もあるそうですが、その段階で勝ち切ったのですから今後も期待できるでしょう。継続騎乗となればこれから今村騎手と楽しみなコンビとなりそうですね」(競馬誌ライター)

3年目の巻き返しが期待される今村聖奈騎手

 ファストレーンをデビュー白星に導いた今村騎手は、先述の通り今年26戦目にして嬉しい初白星。SNSやネット掲示板には「今村騎手2024年初勝利おめでとう!」「早め先頭の見事な騎乗でした」「ファストレーンとのコンビにこれからも期待」という祝福の声が寄せられていた。

 また今村騎手もレース後「初勝利まで時間がかかってしまいましたが、乗せていただけることに感謝したいです」と、周りの関係者に感謝の言葉を述べている。

「今村騎手はこの1つ前に行われた3Rの3歳未勝利で、1番人気のギルティプレジャーに騎乗。ハナを奪うと最後の直線で一旦は完全に抜け出したのですが、ゴール寸前で2頭に交わされて3着。期待に応えられなかったとともに今年の初白星もスルリと逃していたんですよ。

ただ、そこから約30分後、同じダート1400mで行われた一戦でファストレーンとすぐに名誉挽回の勝ち星を挙げたことは流石というより他ありませんでした。

デビュー2年目の昨年は、ルーキーイヤーに記録した51勝の半分以下となる25勝に終わった同騎手ですが、テイエムスパーダと重賞初騎乗初Vなどを成し遂げた2022年の活躍を考えれば、実力はこんなものではないはず。まずは残りあと23に迫っているJRA通算100勝の達成に期待したいですね」(同)

 レース後には「応援してくださる方々の声援に応えられるように、これからも頑張ります」とも話していた今村騎手。勝負の年となりそうなデビュー3年目の巻き返しに期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

今村聖奈「乗せていただけることに感謝」早め先頭から2024年初V! 昨年はルーキーイヤーから勝ち星「半減」…デビュー3年目の巻き返しへのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」