GJ > 競馬ニュース > 川田将雅賞賛の「ノーステッキ圧勝」に大物牝馬の“桜花賞熱”高まる!? シンエンペラーにフォーエバーヤング…絶好調・藤田晋オーナーからまた1頭「大物候補」が出現!
NEW

川田将雅賞賛の「ノーステッキ圧勝」に大物牝馬の“桜花賞熱”高まる!? シンエンペラーにフォーエバーヤング…絶好調・藤田晋オーナーからまた1頭「大物候補」が出現!

【この記事のキーワード】, ,
川田将雅賞賛の「ノーステッキ圧勝」に大物牝馬の桜花賞熱高まる!? シンエンペラーにフォーエバーヤング…絶好調・藤田晋オーナーからまた1頭「大物候補」が出現!の画像1
川田将雅騎手

 10日、東京競馬場で行われた7R・3歳1勝クラスは、1番人気のソンシ(牡3歳、栗東・中内田充正厩舎)が勝利。単勝1.7倍という圧倒的な支持に応え、3馬身差の圧勝を飾っている。

 デビュー戦に続く1番人気に推された前走の万両賞(1勝クラス)は、ロゼフレアの2着に敗れたが、この日は「前回より1つ精神面の成長があって、その分、内容もよく走れた」と主戦の川田将雅騎手も成長を実感。「体も心も成長していけば、より良い走りができると思います」と、その将来性を高く評価している。

「前走はやや不完全燃焼な面もありましたが、今回は非常に強い競馬でしたね。1400mでも楽に前に付けるスピードがありますし、最後もノーステッキの楽勝劇。気性面の幼さもあって、これでデビューから3戦連続で1400mに使われていますが、今日の内容なら1600mでも十分に期待できると思います。春の目標は当然、NHKマイルC(G1)になるでしょうね」(競馬記者)

絶好調・藤田晋オーナーからまた1頭「大物候補」が出現!

 また、ソンシは『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)などでお馴染みの藤田晋オーナーの所有馬になる。本馬が3世代目になる藤田オーナーだが、すでにホープフルS(G1)2着のシンエンペラー、全日本2歳優駿(G1)を圧勝したフォーエバーヤング、サウジアラビアロイヤルC(G3)2着のボンドガールなど、非常に好調だ。

「今年が馬主4年目になる藤田オーナーですが、ボンドガールで牝馬クラシック、シンエンペラーで牡馬クラシック、フォーエバーヤングでダートと非常に楽しみな駒が揃っているだけに、この春は毎週のように藤田オーナーが注目されることになりそうです。

素人離れした麻雀の強さでも有名な方ですが、それにしても“引き”が強い(笑)。英ダービー(G1)やケンタッキーダービー(G1)など海外遠征の可能性も話題になっていますが、国内に矛を向ければ春の3歳G1総獲りも夢じゃないほど強力なラインナップだと思います。

ただ、実はサウジアラビアRCの2着から桜花賞(G1)に直行する予定のボンドガールですが、もし除外になればNHKマイルCのトライアル・ニュージーランドT(G2)に回るそうです。NHKマイルCを狙えるソンシが登場したわけですから、オーナーとしても何とか桜花賞に出したい気持ちが強くなったでしょうね」(別の記者)

 レース後、管理する中内田調教師は「意外と硬い馬場コンディションでしたが、こなしてくれた。好内容で時計も速かったですし、良い教育ができた」と今回の勝利に大きな手応えを感じている様子。同じ東京の高速馬場になりやすいNHKマイルCに向けても、収穫のある一戦だったといえるだろう。

 昨年のホープフルSでシンエンペラーが2着に敗れた際、「皇帝即位は延期となりました。。。」(原文ママ)と自身のX(旧Twitter)を通じて悔しさをにじませていた藤田オーナー。逆襲の春に向け、いよいよ待望の初G1制覇の可能性が高まっている。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

川田将雅賞賛の「ノーステッキ圧勝」に大物牝馬の“桜花賞熱”高まる!? シンエンペラーにフォーエバーヤング…絶好調・藤田晋オーナーからまた1頭「大物候補」が出現!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今年6勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  2. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 永島まなみ「ゴルシワープ」で単勝115.6倍完勝に絶賛の嵐! スウィープフィート武豊に乗り替わりで勝たれるも…翌日最初のレースで超人気薄と大仕事
  5. 戸崎圭太も横山武史もヒヤリ…2ヶ月「16勝」関東リーディング3位「新女王」R.キング「5勝固め打ち」フィニッシュに別れを惜しむ声続々
  6. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. 【中山牝馬S(G3)展望】昨年はスルーセブンシーズがここから飛躍! 「今年のC.ルメール」は国枝栄厩舎×ゴドルフィンの遅れてきた好素材