GJ > 競馬ニュース > 【京都記念(G2)予想】ベラジオオペラ「切り」で渾身の三連複1点! 「大阪杯に向けて何とかしたい」陣営の鼻息も荒いあの馬に勝負気配!
NEW

【京都記念(G2)予想】ベラジオオペラ「切り」で渾身の三連複1点! 「大阪杯に向けて何とかしたい」陣営の鼻息も荒いあの馬に勝負気配!

【この記事のキーワード】, ,

【京都記念(G2)予想】ベラジオオペラ「切り」で渾身の三連複1点! 「大阪杯に向けて何とかしたい」陣営の鼻息も荒いあの馬に勝負気配!の画像1

 今回は天皇賞・春(G1)、大阪杯(G1)につながる伝統の古馬中距離重賞、京都記念(G2)を予想していく。

 それではまずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データから見ていこう。21年から昨年まで阪神2200mでの開催だったが、差がないのでまとめてみる。
有馬記念、ジャパンC、中山金杯 各4頭
アメリカジョッキークラブC 3頭
凱旋門賞、香港ヴァーズ、菊花賞、エリザベス女王杯、日経新春杯 各2頭
天皇賞・春、天皇賞・秋、マイルCS、京都大賞典、ステイヤーズS 各1頭
となっている。格式が高いレースだけに前走レベルも高い。中山金杯(G3)や日経新春杯(G2)、AJCC(G2)あたりはローテーション的にいい間隔なので、ここを次戦に選んでいる感はあるが、春の始動戦として一流馬が出走する例が多いのが見て取れる。

 続いて人気順の成績を見ていく。
1番人気 3-1-2-4
2番人気 0-2-2-6
3番人気 2-3-1-4
4~6番人気 4-3-5-18
7~9番人気 0-1-0-29
10番人気以下 1-0-0-25
となっている。数字で見ると上位人気がアテにできないように感じるが、近5年で見ると1番人気4頭、2番人気、3番人気がともに2頭と、人気馬が順当に勝利する傾向にある。数字でもわかるように中穴クラスまでが馬券の対象になる感じで、極端な人気薄は基本的に来ないと考えていい。ただし、一昨年阪神2200mの開催では12番人気→8番人気→6番人気で67万馬券が出ているので、京都開催時には堅く決まる傾向にあったものの、4年ぶりでどう変わるかはわからない。

【京都記念(G2)予想】ベラジオオペラ「切り」で渾身の三連複1点! 「大阪杯に向けて何とかしたい」陣営の鼻息も荒いあの馬に勝負気配!の画像2
プラダリア 撮影:Ruriko.I

 これを踏まえて「◎」は人気サイドだが3番プラダリアとする。

 前走は有馬記念(G1)。外目の枠から良いスタートを切り、前を見る3番手につけて追走。やや遅めのペースで流れていき、終始3番手のまま直線へ。前残りの展開で逃げ馬、番手の馬が粘る中、こちらは早々に脱落してしまい見せ場なしの14着となった。

 3歳時に青葉賞(G2)を勝って以降、重賞戦線を走り続けてきたわけだが、思ったような結果が残せず、日経新春杯と昨年のこのレースで3着したのが目立つ程度。日本ダービー(G1)では5着と掲示板を確保し、力のあるところは見せたが、どうも噛み合わないレースが続いてきた印象。

 それでも、昨年は初京都となった京都大賞典(G2)をきっちり勝ち、重賞2勝目を挙げた。陣営からは「短期放牧を挟んでリフレッシュできている」とのこと。懸念される爪の不安もなく「良い雰囲気で臨める。大阪杯に向けて何とかしたい」と、鼻息は荒い。

 実際問題として、前走の有馬記念大敗がどう出るかというところだが、このレースで言うなら有馬記念を好走した馬の好走例がない。有馬記念から馬券に絡んだ全馬が掲示板すら届かない惨敗の後に巻き返して好走している。G2・2勝馬の実力を信じて本命に推したい。


「○」も人気サイドだが9番ルージュエヴァイユを挙げる。

 前走はエリザベス女王杯(G1)。内枠スタートでポジションを下げ、中団に控える競馬。緩いペースで流れていき、直線に向くと早々に先行勢が脱落、内を突いて伸びてきたものの勝ち馬を交わすことができず2着に終わった。

 3歳時はフローラS(G2)には間に合うも5着。オークス(G1)では6着ともうひとつ足りない競馬になった。自己条件に戻って連勝し、オープン入りを果たすも、初オープンとなった愛知杯(G3)、続くオープン特別で二ケタ着順の連敗。ところが、昨年3走目のエプソムC(G3)で2着に好走すると、前走まで重賞3連続2着と好調を維持している。

 陣営からは「馬体がしっかりしてきて、走りのバランスが良くなっており、ここでも楽しみ」と期待を隠さない強気なコメントが出ている。

 ここ最近、勝ち星がないところが引っかからないでもないが、前走エリザベス女王杯の場合は上位に来た馬が、ここでも好走する傾向にある。G1・2着と惜しい負けではあったが、同じコースのここなら改めて期待し、対抗とした。

【京都記念(G2)予想】ベラジオオペラ「切り」で渾身の三連複1点! 「大阪杯に向けて何とかしたい」陣営の鼻息も荒いあの馬に勝負気配!の画像3
マテンロウレオ 撮影:Ruriko.I

「▲」も人気しそうな11番マテンロウレオを推す。

 前走は中山金杯。中目の枠からのスタートは良かったが1コーナーで不利を被る。元々後方からの競馬を選択し、平均ペースから直線へ向くと前残り展開で、後ろから伸びはしたものの、7着までとなった。

 この馬は新馬戦の後、1戦だけリステッドを走っており勝ち星を挙げているが、それ以外はすべて重賞を走り続けてきており、思うような結果を残してこられなかったのが実際のところ。3歳時にきさらぎ賞(G3)1着、中日新聞杯(G3)2着と昨年のこのレースで2着がある程度で、大阪杯では4着、天皇賞・春で5着とG1で掲示板に載るところまでは行っているが、勝ち星はおろか、馬券圏内からも見放されている。

 陣営は前走について「1コーナーの不利でリズムを崩したものの、外を回って差のない競馬ができた」と評価。一時の不振からは脱出しているということで「引き続き状態も良く条件も合っているので、スムーズにレースができれば」と強気なコメントが出ている。

 舞台は違えど同じレースで、再度の好走もあるのではないかと、こちらも陣営の言葉を信じて単穴評価として押さえたい。

【京都記念(G2)予想】ベラジオオペラ「切り」で渾身の三連複1点! 「大阪杯に向けて何とかしたい」陣営の鼻息も荒いあの馬に勝負気配!の画像4
ベラジオオペラ 撮影:Ruriko.I

 人気の軸になりそうな5番ベラジオオペラだが、残念ながら快勝したチャレンジC(G3)からの好走例がない。ダービー4着は伊達ではないと思うし、だからこその前走快勝だったとは思う。来たらごめんなさいではあるが、データにない以上バッサリ、である。

 同様に2番ブレイヴロッカーも連勝中の勢いを買いたいところではあるが、条件戦からの好走例がない。格式の高いレースなだけに、条件戦からいきなり3連勝で初重賞を飾れるほど甘いレースではないということなのだろう。こちらもバッサリである。

 今回は3番、9番、11番の3頭で3連複1点勝負としたい。

トーラス神田

トーラス神田

オグリ引退の有馬記念をリアルタイムで見ている30年来の競馬好き。ウマ娘キャラがドンピシャの世代。競馬にロマンを求め、良血馬にとことん目がない。おかげで過去散々な目に遭っている。そのくせ馬券は完全データ派。座右の銘は「トリガミでも勝ちは勝ち」。

【京都記念(G2)予想】ベラジオオペラ「切り」で渾身の三連複1点! 「大阪杯に向けて何とかしたい」陣営の鼻息も荒いあの馬に勝負気配!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内