GJ > 競馬ニュース > 皐月賞(G1)ラストドラフト
NEW

JRA皐月賞(G1)「ドイツコンビ」ラストドラフトがシュタルケで躍動か。前走「度外視当然」の理由

【この記事のキーワード】, ,
JRA皐月賞(G1)「ドイツコンビ」ラストドラフトがシュタルケで躍動か。前走「度外視当然」の理由の画像1

 14日に中山競馬場で開催される皐月賞(G1)。多くの素質馬がしのぎを削ることになるが、ここでの巻き返しが期待されるのが、ラストドラフト(牡3歳、美浦・戸田博文厩舎)だ。

 ラストドラフトは昨年11月の新馬戦(芝1800メートル)を勝つと、今年の1月に行われた京成杯(G3、芝2000メートル)で優勝。2戦で重賞勝ち馬となった。

 続いて向かった弥生賞(G2、2000メートル)を勝てば、ホープフルS(G1)の覇者サートゥルナーリアらとともに今春のクラシックの有力候補として考えられていた。ところが、雨が降り、重馬場で行われた一戦でラストドラフトは果敢にハナを奪うも、4角から手応えがあやしくなり、最後の直線で失速。後続に次々に交わされて7着と惨敗した。

 レース後、田辺裕信騎手は「道中、終始プレッシャーをかけられてた感じはありました」と語り、さらに「馬場に戸惑いがあったのかもしれません。良い感じだなと思って進めてたので、こんなに止まるとは思いませんでした……」とレースを振り返っていた。

「前走は騎乗予定だったC.ルメール騎手が前日に落馬したため、急遽、田辺騎手に乗り替わり。そのうえ、悪天候で重馬場の中で行われるなど、ラストドラフトからすれば条件が悪すぎましたよ。

 メンバーが違うため一概に比較はできませんが、ラストドラフトは京成杯ではホープフルSのサートゥルナーリアを0.4秒も上回る時計で勝っています。前走が実力だとはとても思えませんので、度外視してもいいのでは?」(競馬誌ライター)

JRA皐月賞(G1)「ドイツコンビ」ラストドラフトがシュタルケで躍動か。前走「度外視当然」の理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安