GJ > 競馬ニュース > 「穴の中心」デンコウアンジュ
NEW

JRAヴィクトリアマイル(G1)「穴の中心」デンコウアンジュが柴田善臣とともに「もうひと花」咲かせる条件

JRAヴィクトリアマイル(G1)「穴の中心」デンコウアンジュが柴田善臣とともに「もうひと花」咲かせる条件の画像1

 春の東京競馬5週連続G1開催の2週目はヴィクトリアマイル(G1、芝1600メートル)。デンコウアンジュ(牝6歳、栗東・荒川義之厩舎)について検討する。

 デンコウアンジュは前走の福島牝馬S(G3、芝1800メートル)を快勝した。直線が短いこともあって鞍上蛯名正義騎手のダノングレースが3角からロングスパートを開始。鞍上柴田善臣騎手のデンコウアンジュは一緒に動かず、やり過ごしてから直線でスパート。一気に先頭に立ち、2着フローレスマジックに2馬身半差をつけた。

 4走前のキャピタルS(オープン、芝1600メートル)は6着、3走前のターコイズS(G3、芝1600メートル)は3着、2走前の中山牝馬S(G3、芝1800メートル)は4着だったが、いずれも勝ち馬から0.1秒差の競馬。しかも、上がり3Fはほとんど最速を記録している。このところの好調さが福島牝馬Sの圧勝につながったと言える。ヴィクトリアマイルも好走できるのだろうか。

「デンコウアンジュは2歳時にアルテミスS(G3、芝1600メートル)で圧倒的な1番人気メジャーエンブレムを負かして優勝しています。このときは単勝82.8倍の12番人気でした。メジャーエンブレムはその後、阪神JF(G1、芝1600メートル)を勝ち、桜花賞では大本命になります。このアルテミスS以来、穴党にはデンコウアンジュファンが多いんですよ。しかし、3歳時は一度も連に絡めませんでした。

 変わり身を見せたのが一昨年、4歳時の福島牝馬Sです。鞍上の秋山真一郎騎手は向正面半ばからまくって直線で先頭に立ち、あわやという見せ場を作りました。結果は4着でしたが、これを見たデンコウアンジュファンの多くは”ヴィクトリアMは買える!”と思ったのです。実際にデンコウアンジュはヴィクトリアMで2着に入り、馬連が4万円、3連複が13万円、3連単が92万円という波乱になりました。

今年は福島牝馬Sを優勝しているだけにそこそこ人気になるでしょうが、デンコウアンジュファンは今年も、一昨年のような大駆けを楽しみにしていることでしょう」(競馬雑誌ライター)

JRAヴィクトリアマイル(G1)「穴の中心」デンコウアンジュが柴田善臣とともに「もうひと花」咲かせる条件のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か