GJ > 競馬ニュース > 超大物2歳リアアメリア  > 2ページ目
NEW

JRA超大物2歳リアアメリアは「アーモンドアイ級」!? 中内田充正調教師「先々かなり楽しみ」 最強コンビ・川田将雅騎手で6月デビュー間近

「中内田調教師の話によると、デビューは安田記念の前日となる6月1日(土)の阪神・芝1600mが予定されているそうです。鞍上は『当然』ダノンプレミアムやダノンファンタジーなどの主戦を務める川田将雅騎手。

すでに2歳馬離れした動きを見せており、早くも『アーモンドアイ2世』という声が聞かれているほど。

母はBCジュベナイルフィリーズ(G1)を制した米国の2歳女王。全姉のリアオリヴィアこそ未勝利ですが、全弟は昨年のセレクトセールで2億9000万円で落札されている良血馬。素質馬揃いのシルクレーシングにとっても、今年の中心的な存在になりそうです」(競馬記者)

 例えば「近代競馬の結晶」とまで謳われたリアアメリアの父ディープインパクトが12月だったように、以前はクラシックを狙える大物ほどじっくりデビューする傾向があった。

 しかし、育成技術が発達した昨今は、6月の東京や阪神で早々にデビューすることが「王道」と言われている。

 実際にここまでで名前の挙がったダノンプレミアムが6月デビュー。昨年の2歳女王ダノンファンタジーに至っては、リアアメリアと同じく6月初週にデビューし、桜花賞馬グランアレグリアとワンツーしている。

 他にも今年の牡馬クラシックの主役サートゥルナーリアや、昨年のマイルCS(G1)を勝ったステルヴィオ、NHKマイルC(G1)を制したケイアイノーテックなど、成功例を上げれば枚挙に暇がない。

「(先日の)15日に坂路で時計を出してみましたが、最後まで持ったままの手応えでしたよ。追えばもっと時計が出ていたぐらいの勢いでしたし、素質の高さが感じられる追い切りでした」

 いつもは慎重な印象のある中内田調教師の口がここまで滑らかになるのも、リアアメリアから類稀なる素質を感じているからに他ならない。来年のクラシックを見据える超大物が、新馬戦開幕週を彩る。

JRA超大物2歳リアアメリアは「アーモンドアイ級」!? 中内田充正調教師「先々かなり楽しみ」 最強コンビ・川田将雅騎手で6月デビュー間近のページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か