GJ > 競馬ニュース > チャンピオンズC「美味すぎ穴馬」  > 2ページ目
NEW

JRAチャンピオンズC「美味すぎ穴馬」タイムフライヤー絶好! 松田国英調教師「ここまで狙い通り」3度目の“1本釣り”へ勝負仕上げ

「いつも付けていた耳ありメンコを外したことで、馬がエキサイトしてしまったようですね。前走の武蔵野S(G3)で再び戻したんですが、直線でしぶとく伸びての2着。あの走りが、今のタイムフライヤー本来のものだと思います」(同)

 折り合いに課題はあるようだが、今回は前に馬が置きやすい1枠1番の絶好枠。陣営がほくそ笑むのも当然だろう。

 そして、鞍上は先週のジャパンC(G1)でスワーヴリチャードを復活させた欧州の若き天才O.マーフィー騎手だ。

「ここでマーフィー騎手を確保できたのは大きいですよ。先週のジャパンCでもインコースを巧みに回ってきたことが最大の勝因。マーフィー騎自身も『常にインを意識している』と話している通り、内々からの競馬は得意ですし、まず間違いなくロスなく回って一発を狙ってくるでしょうね。

陣営にしても武蔵野Sを使っての本番は、過去のクロフネやベルシャザールと同じパターン。今回は少し馬体が増えての出走になりそうですが、松田調教師は『体重も狙い通りに来た』と自信を持っている様子でしたね。完全にこのレースを狙っていると思います」(別の記者)

 芝のG1馬であるタイムフライヤーだが、母はダートG1・5勝を上げたタイムパラドックスの全妹。父ハーツクライは芝のイメージだが、今年のシリウスSで産駒がダート重賞初勝利を上げるなど、ダート成績も決して悪くない。

「ヨーロッパにはダートのG1がないので、勝てたらうれしい。いっぱい勝って、ファンが馬券を取れるように貢献したい」

 スポーツ報知のインタビューにそう答えているマーフィー騎手。日本のファンにもその実力が認められた今、乗れば“マーフィー人気”する存在だけに、美味しい馬券を届けるなら「今週」だろう。

JRAチャンピオンズC「美味すぎ穴馬」タイムフライヤー絶好! 松田国英調教師「ここまで狙い通り」3度目の“1本釣り”へ勝負仕上げのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬