GJ > 競馬ニュース > スピード×スピード「狂気の配合」  > 2ページ目
NEW

【高松宮記念直前】常識を打ち破れ!? スピード×スピード「狂気の配合」が競馬を変える?

意外と少ない「スピードの結晶」

(個人的に残念なことに)どうやら日本の生産者は、究極のスピードよりも「スピードとスタミナのバランス」を重視して配合しているようだ。もっとも、実際に近代競馬で結果を残しているのは、ディープインパクトやキングカメハメハといった距離を問わず活躍場を送り出している種牡馬だから仕方がないのかもしれない。

例えば2008年のスプリンターズSを制したスリープレスナイトの唯一の産駒がディープインパクトとの子供であるように、G1を勝ったような繁殖牝馬の多くは超一流のオールラウンダーと配合されている。それは短距離馬でも例外ではないようだ。

また1996年の最優秀短距離馬フラワーパークに、自身も3000mの菊花賞(G1)を勝ち、数多くの名ステイヤーを送り出しているダンスインザダークを配合(なんてもったいない!)するなど、スピードにスタミナを注入しバランスを考えた配合も目立っていた。

そんな中、「スピード配合」としてまず目を引いたのが1992年の最優秀スプリンターに選出されたニシノフラワー。この牝馬に、国内だけでなく海外G1まで制して1998年に短距離馬として初の年度代表馬となったタイキシャトルが配合された産駒が、ニシノハーロックだ。

ニシノフラワーの第一子が、若駒Sを勝って皐月賞に駒を進めた素質馬だっただけに、この1990年代を代表するようなスピード配合には大いに期待した。しかし、ニシノハーロックはダートの短距離で2勝を挙げただけという残念な結果。地方に転厩した後も元気に走り続け、111戦ものキャリアを積んだ功労馬だった。

次に注目したのが、先述した1996年の最優秀短距離馬フラワーパークに、高松宮記念(G1)を連覇し2010年の最優秀短距離馬になったキンサシャノキセキが配合されたレッドミモザ。

それも今年の2月にデビューとあって期待したが、芝1600mの新馬戦で惨敗……。

ただ、応援していたファンからは「スプリントに行った方が」「この両親で1600mは長い」「新潟1000mが待ってる」という声も聞かれ、短距離での変わり身を期待したいところだ。

「スピード×スピード=究極のスピード」の図式が通用しないと決めつけるのは早計

他にも近年を代表するような名スプリンター同士の配合で、両親に迫るような活躍をした馬は残念ながら見当たらなかった。

しかし、先述したようにサンプル数自体が少ないこともあり、「スピード×スピード=究極のスピード」という図式が通用しないと決めつけるのは早計だろう。

冒頭にも書いた通り、馬に人が乗って”速さ”を競う競馬で『究極のスピード』を追い求めるロマンに惹かれる筆者としては、カレンチャンとロードカナロアの子供がこれまでの”常識”を打ち破ってくれることを切に願っている。

【高松宮記念直前】常識を打ち破れ!? スピード×スピード「狂気の配合」が競馬を変える?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  7. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス