GJ > 競馬ニュース > 蛯名正義「17年越しの悲願」スルリ
NEW

JRA「引退間近」蛯名正義「17年越しの悲願」スルリ……全10場重賞制覇へ「無念すぎる」デンコウアンジュの愛知杯(G3)勝利

【この記事のキーワード】, , ,

JRA「引退間近」蛯名正義「17年越しの悲願」スルリ……全10場重賞制覇へ「無念すぎる」デンコウアンジュの愛知杯(G3)勝利の画像1

 先週の愛知杯(G3)は9番人気の伏兵デンコウアンジュ(牝7歳、栗東・荒川義之厩舎)が優勝。今年54歳になる大ベテラン柴田善臣騎手の技が光った一戦で、同騎手は小倉重賞初制覇。JRA全10場重賞制覇まで函館を残すのみとなった。

「嬉しいです。小倉で初めて重賞勝たせていただいてありがとうございます」

 武豊騎手や横山典弘騎手を始め、歴代のJRA騎手でも、わずか5人しかいない全10場重賞制覇は、騎手にとって紛れもない大きな勲章だ。

 そんな大記録に柴田善騎手は現役7人目としてリーチを掛けたわけだが、実はその裏で悔しい思いをしている騎手がいる。

 昨年12月に落馬し、右踵骨粉砕骨折と診断された関東の名手・蛯名正義騎手だ。

「実はデンコウアンジュは当初、蛯名騎手が騎乗する予定だったんですよ。ただ、昨年末に落馬してしまい、現在は長期休養中です。

蛯名騎手といえば全10場制覇に小倉を残すのみ。もう10年以上前から、チャンスがあれば小倉の重賞に積極的に乗りに行くなど、強い意欲を見せていました。

奇しくも、京都競馬場の改修工事の影響で、今年の愛知杯は小倉開催。柴田善騎手のファインプレーがあったものの、1着でゴール板を駆け抜けたデンコウアンジュの姿には、蛯名騎手も思うところがあったんじゃないでしょうか」(競馬記者)

 武豊騎手の同期として、数々のビッグタイトルを獲得している蛯名騎手。しかし、近年は成績が下降……2年連続で調教師試験を受験するなど、すでにセカンドキャリアに向けて動き出している。

 そんな蛯名騎手にとっては、極めて貴重な小倉での重賞騎乗機会。今回こそデンコウアンジュで念願の全10場重賞制覇を決めたかったのは間違いないだろう。

 2003年にリーチを掛け、17年間も“足踏み”が続いている蛯名騎手。これでまでもエイシンドーバーやコスモファントムなど関西馬にも積極的に乗りに行き、2度の1番人気があったが、小倉での重賞タイトルには手が届いていない。

「具体的な復帰時期は未定ですが、幸い今年のダービーには間に合いそうなので、できるだけ早く復帰できるように頑張ります」

 右踵骨粉砕骨折という重傷を負いながらも、悲願のダービー制覇へ思いを新たにしている蛯名騎手。残された時間はあまり多くはないかもしれないが、「2つの悲願」を達成してフィナーレを迎えてほしいところだ。

JRA「引退間近」蛯名正義「17年越しの悲願」スルリ……全10場重賞制覇へ「無念すぎる」デンコウアンジュの愛知杯(G3)勝利のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か