GJ > 競馬ニュース > アーリントンC(G3)展望
NEW

【アーリントンC(G3)展望】JRA騎手の移動制限に要注意!! 朝日杯FS(G1)2着のタイセイビジョンに、ギルデッドミラー、プリンスリターンらが挑む

【アーリントンC(G3)展望】JRA騎手の移動制限に要注意!! 朝日杯FS(G1)2着のタイセイビジョンに、ギルデッドミラー、プリンスリターンらが挑むの画像1

 18日(土)、阪神競馬場ではアーリントンC(G3)が行われる。2017年までは春競馬の開幕を告げる1回阪神競馬開幕週に組まれていたが、2018年からは皐月賞(G1)の前日に行われるようになった。NHKマイルカップ(G1)のトライアルレースでもあり、3着までに入ると優先出走権が付与される。

 今年のアーリントンCは注意すべき点がある。新型コロナウイルスの感染防止対策の一環として、JRAはこの日から騎手の移動制限措置を講じることになり、土日で異なる競馬場に移動して騎乗することができなくなった。

 したがって昨年までのように、このアーリントンCに騎乗した後、中山に移動して翌日の皐月賞に騎乗することはできない。実際に今年は皐月賞に騎乗予定のない騎手だけが手綱を取ることになり、乗り替わりも多数発生している。

 『netkeiba.com』の予想単勝オッズで2.0倍の1番人気に支持されているのは、朝日杯FS(G1)2着のタイセイビジョン(牡3歳、栗東・西村真幸厩舎)である。今回は、その朝日杯FS以来の実戦となる。

勝ったサリオスとは異なり皐月賞を目指さず、このレースからNHKマイルカップを目標とするのは、2走前に1400m戦の京王杯2歳S(G2)で2歳コースレコード勝ちを決めた点にありそうだ。

 この予定は今年1月の時点で既に決まっており、スピード能力の高さと東京コースへの適性の高さから、皐月賞よりもNHKマイルカップの方を目標に定めたということなのだろう。

 朝日杯FSでは武豊騎手が手綱を取っていたが、今回は新馬戦でコンビを組んだ石橋脩騎手に手が戻る。昨年6月に阪神で新馬戦を勝利した後、石橋脩騎手は「調教でも動いていたし、返し馬でもあり余るほどの気合でした。能力は間違いないです」と語っている。乗り替わりとはいえ、背中をよく知る鞍上が手綱を取るのはプラス材料だろう。

 このレースには牝馬の名前もある。中でもギルデッドミラー(牝3歳、栗東・松永幹夫厩舎)は要注意ではないだろうか。オルフェーヴル産駒で2018年の鳴尾記念(G3)を制したストロングタイタンの半妹にあたる。

 2勝目となった前走(1勝クラス、阪神・芝1400m)で手綱を取った福永祐一騎手は「まだ難しい面はあるが、頭が良くて能力がある馬なので、ひとつずつ覚えていけば上のクラスでも通用する」と語っている。

 今回はその福永騎手に代わり、今年はこれまでJRAで24勝を挙げ、全国リーディング8位と好調な岩田望来騎手とのコンビとなる。今年、岩田望騎手は松永幹厩舎の管理馬での騎乗はまだない。有力馬を多数抱える松永幹厩舎に対してアピールするのに、絶好の機会を得た形となりそうだ。

【アーリントンC(G3)展望】JRA騎手の移動制限に要注意!! 朝日杯FS(G1)2着のタイセイビジョンに、ギルデッドミラー、プリンスリターンらが挑むのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  5. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内