GJ > 競馬ニュース > インディチャンプは余裕の消し!  > 3ページ目
NEW

JRA安田記念(G1)インディチャンプは余裕の消し! VSアーモンドアイの「爆穴」投入!? 「緻密な馬場読み」こそが勝利への最短ルート

【この記事のキーワード】, ,

JRA安田記念(G1)インディチャンプは余裕の消し! VSアーモンドアイの「爆穴」投入!? 「緻密な馬場読み」こそが勝利への最短ルートの画像5

「△」はアーモンドアイ(牝5歳、美浦・国枝栄厩舎)だ。

 8冠を狙う最強女王の前走ヴィクトリアマイルは圧巻のひと言だった。外から好スタートを決めると、直線では早々と先頭に立っての大楽勝だった。ノーステッキで2着サウンドキアラに4馬身の差をつけた。勝ち時計の1分30秒6は昨年の同レースでノームコアが計時したレコードと0.1秒差。

 強さは認めつつも、デビュー以来初となる中2週での急遽の参戦は気になるところだ。C.ルメール騎手は「これまで騎乗した馬の中で一番強い」と絶対の自信を持つが、4枠5番を引いたことがかえって不安かもしれない。外からスムーズにレースを運べた前走と違って今回は厳しいマークが集中するだろう。

 スローでゴチャついたり、進路取りを間違えると前の馬を捉え切れない可能性もある。

JRA安田記念(G1)インディチャンプは余裕の消し! VSアーモンドアイの「爆穴」投入!? 「緻密な馬場読み」こそが勝利への最短ルートの画像6

「☆」はミスターメロディ(牡5歳、栗東・藤原英昭厩舎)だ。

 前売りで二桁人気のこの馬を高配ゲットの使者に指名したい。

 昨年の高松宮記念(G1)では好位抜け出しからG1初勝利を飾った。前走はダートのJBCスプリントを6着に敗れ、まったくの「ノーマーク」だが、安田記念爆走の布石は18年のNHKマイルCにある。

 前が流れる先行勢に厳しい展開を強気に2番手から4着に粘り込んだ。このとき勝ったのがハイペースに乗じて追込みを決めたケイアイノーテックだったことからも敗れて強しの競馬を見せた。

 スプリントG1勝ち馬だけにスピード勝負はもってこいだ。前が止まりにくい高速馬場を味方にすれば粘り込める可能性は十分にあるだろう。

 昨年の勝ち馬インディチャンプは人気確実だが、展開に恵まれたことも確かだ。昨年のマイラーズCではダノンプレミアムに敗れ、毎日王冠でもダノンキングリーに完敗したことを考えれば、今年は明らかに人気が先行している今回は思い切って「消し」とする。

 ユーイチはユーイチでも北村友一騎手に期待してみたい。

 買い目は以下の通り。

 3連単 フォーメーション 24点

 1着[1,2]  2着[1,2,3,5,10]  3着[1,2,3,5,10]

 行った行ったの展開になるようなら最強女王の取りこぼしも十分にあり得るだろう。

 現在の東京コースは「とにかく前」にいることが正解となりそうだ。

(文=与田飛鳥)

JRA安田記念(G1)インディチャンプは余裕の消し! VSアーモンドアイの「爆穴」投入!? 「緻密な馬場読み」こそが勝利への最短ルートのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  5. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内