GJ > 競馬ニュース > インディチャンプは余裕の消し!  > 2ページ目
NEW

JRA安田記念(G1)インディチャンプは余裕の消し! VSアーモンドアイの「爆穴」投入!? 「緻密な馬場読み」こそが勝利への最短ルート

【この記事のキーワード】, ,

JRA安田記念(G1)インディチャンプは余裕の消し! VSアーモンドアイの「爆穴」投入!? 「緻密な馬場読み」こそが勝利への最短ルートの画像3

 次に「〇」はダノンプレミアム(牡5歳、栗東・中内田充正厩舎)だ。

 前走はオーストラリアのクイーンエリザベスS(G1)を3着と敗れたが、不良馬場で59キロを背負っての敗戦なら問題ない。今回願ってもない1枠1番が大きな味方となる。鞍上のD.レーン騎手は昨年ほどの勢いを感じないが、芝1400m戦の京王杯SC(G2)をダノンスマッシュで鮮やかに逃げ切るなど今年は短距離で活躍している。

 昨年の安田記念は致命的な不利を受けた影響で大敗したものの、秋の天皇賞(G1)とマイルCSではいずれも2着とその実力は衰えていない。最内からスムーズに先行できれば勝ち負けは必至だろう。

JRA安田記念(G1)インディチャンプは余裕の消し! VSアーモンドアイの「爆穴」投入!? 「緻密な馬場読み」こそが勝利への最短ルートの画像4

「▲」はノームコア(牝5歳、美浦・萩原清厩舎)だ。

 萩原厩舎はダノンキングリーとノームコアの2頭出しで挑む。前走のヴィクトリアマイルはアーモンドアイに完敗したが、8枠16番と外枠も仇となった。今回は一転して3枠3番の絶好枠をゲット。

 暮れの香港マイルC(G1)以来の休み明けとなった高松宮記念(G1)は15着と大敗したが、ガラリ一変したのが前走の3着。急激な上昇カーブを描いており、叩き3走目の安田記念こそが狙い目となる。

 鞍上の横山典弘騎手はオークス(G1)では7番人気ウインマリリンであわやの場面を演出し、日本ダービー(G1)ではマイラプソディで玉砕覚悟の大マクリを決めたように不気味な存在だ。

JRA安田記念(G1)インディチャンプは余裕の消し! VSアーモンドアイの「爆穴」投入!? 「緻密な馬場読み」こそが勝利への最短ルートのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  4. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  5. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  6. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  7. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  8. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  9. 川須栄彦騎手の初重賞制覇を飾った逃げ馬!保護猫30匹と暮らす“猫ざんまい”の余生
  10. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?