GJ > 競馬ニュース > フィアーノロマーノ「スプリンター」の血!?
NEW

JRA函館スプリントS(G3)フィアーノロマーノ「初1200m」も目覚める「超一流スプリンター」の血!?

JRA函館スプリントS(G3)フィアーノロマーノ「初1200m」も目覚める「超一流スプリンター」の血!?の画像1

 今週から開幕する夏競馬恒例のサマーシリーズ。21日はサマースプリントシリーズの開幕戦、函館スプリントS(G3)が行なわれる。

 今回、高松宮記念(G1)3着のダイアトニック、同5着のシヴァージ、京阪杯(G3)勝ちのライトオンキューなど、有望なスプリンターたちが集結。

 その一方で、前走マイラーズC(G2)を右前跛行で競走除外となったフィアーノロマーノ(牡6歳、栗東・高野友和厩舎)は、新たな活路を求めて、この函館スプリントSに登録してきた。

 オーストラリア産で遅生まれ(8月)のフィアーノロマーノは、成長の遅れもあり本格化するのに時間が掛かったが、5歳になった昨年、ダービー卿CT(G3)で重賞初制覇を果たした。

 近走は阪神C(G2)2着、阪急杯(G3)2着とあと一歩のレースが続くが、安定したレースぶりを見せている。そして、この函館スプリントSに目標を定め、初の芝1200m戦に方向転換してきた。

「フィアーノロマーノの父、ファストネットロックは、オーストラリアで活躍し、芝1000mのライトニングS(GI)と、芝1100mのオークレイプレート(GI)を制覇した快速馬です。

海外で走っている産駒は短距離馬が多く、日本でもメラグラーナが2017年のオーシャンS(G3)を勝ち、ブラヴィッシモが2016年、17年の阪急杯(G3)で3着。日本の芝の短距離戦も重賞レベルで順応しています。

これまで主に芝1400〜1600mを使われてきたフィアーノロマーノが、今回のスプリント戦で父親譲りのスピードをいきなり見せても、おかしくないと思いますね」(競馬誌ライター)

 フィアーノロマーノは、函館に来る前に栗東の坂路で調教を積んできており、4F51秒9をマークしている。1週前追い切りに騎乗した藤岡康太騎手は「単走でしたが、しっかりやってほしいということで動き自体は良かった。スタートさえ決まれば」と前向きなコメントも出しており、態勢は整っているようだ。

 遅れてやって来たフィアーノロマーノが今回激走すれば、使うレースに幅が出て、活躍の場も広がっていくことだろう。ここは良い結果を残し、サマースプリントシリーズを駆け抜ける存在になるかもしれない。

JRA函館スプリントS(G3)フィアーノロマーノ「初1200m」も目覚める「超一流スプリンター」の血!?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安