GJ > 競馬ニュース > 白毛ソダシ人気を「尾花栗毛」がかっさらう!?
NEW

JRA白毛ソダシの人気を「尾花栗毛」がかっさらう!? 札幌2歳S(G3)「2頭出しは人気薄を狙え」須貝厩舎のアイドル候補が虎視眈々か

JRA白毛ソダシの人気を「尾花栗毛」がかっさらう!? 札幌2歳S(G3)「2頭出しは人気薄を狙え」須貝厩舎のアイドル候補が虎視眈々かの画像1

 5日、札幌競馬場で札幌2歳S(G3)が開催される。6月の函館開催から13週間行われている北海道開催を締めくくる重賞に14頭が集まった。

 今年の出走メンバーで注目を集めそうなのが白毛馬ソダシだ。

 母ブチコは白毛の馬体にブチ模様が入った独特の見た目から、アイドルホースとして人気を博した。白毛の遺伝子はソダシにも受け継がれ、真っ白な馬体は注目の的になること間違いなしだ。

 新馬戦は2番手からレースを進め、4コーナーで先頭に並びかけると、そのまま押し切り勝ち。楽な手応えで2着に2馬身半差をつける内容は、次走に期待が高まるものだった。

 人気と実力を兼ね備えたアイドルホースとなりそうなソダシ。だが、札幌2歳Sには同じくスター候補が出走する。

 それは同厩のヴェローチェオロ(牡2歳、栗東・須貝尚介厩舎)だ。

 先週行われた新馬戦でヴェローチェオロは、中団から大外を回しての差し切り勝ち。吉田隼人騎手が合図を送ると、抜群の伸び脚を見せ、重馬場を苦にせず快勝を飾った。

 レース後、須貝調教師は「状態が良ければ札幌2歳Sへ」と話しており、中間の状態がいいことから、連闘での重賞挑戦となる。

 このヴェローチェオロが、ソダシを脅かす人気馬となりそうな理由は「尾花栗毛」ということだ。

 尾花栗毛とは、栗毛の中でも前がみ、たてがみ、尾毛が金色がかった白色の馬のことを指す。白毛ほど希少なわけではないが、こちらも十分に珍しい毛色である。過去には、トウショウファルコ、タイキシャトル、トーホウジャッカルなどが、その美しい見た目から人気を博した。

 その中でも、トウショウファルコは現役を引退後、誘導馬としても活躍。現役時代は女性ファンを中心に声援が上がったり、ファンレターが届いたりするほどの人気だったが、誘導馬となってからもその人気は衰えることはなかった。

 同じ尾花栗毛のヴェローチェオロも札幌2歳Sを勝利することができれば、一気にスターダムを駆け上がることになるだろう。

JRA白毛ソダシの人気を「尾花栗毛」がかっさらう!? 札幌2歳S(G3)「2頭出しは人気薄を狙え」須貝厩舎のアイドル候補が虎視眈々かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か