GJ > 競馬ニュース > シラユキヒメ3頭目の刺客
NEW

JRA重賞ジャック「大躍進」シラユキヒメ一族! ソダシ、メイケイエール以外に忘れてはならない2歳の個性派に注目

JRA重賞ジャック「大躍進」シラユキヒメ一族! ソダシ、メイケイエール以外に忘れてはならない2歳の個性派に注目の画像1

 5日に行われた札幌2歳S(G3)は2番人気ソダシが優勝した。白毛馬としてはJRA芝重賞初制覇という歴史的な勝利になった。

翌6日の小倉2歳S(G3)も2番人気メイケイエールが勝利。ミッキーアイル産駒として初の重賞制覇になった。

 この2頭に共通するのは、ともに2番人気で勝利したという点以外に、母系にシラユキヒメがいるということが挙げられる。

 鹿毛のウェイブウインドの仔であるシラユキヒメは、父が青鹿毛のサンデーサイレンスということで、突然変異で生まれた白毛馬だ。珍しい毛色で注目を集めたが、現役時代は1勝も挙げることなく引退した。その後は繁殖牝馬として多くの白毛馬を輩出し、今となっては“白毛=シラユキヒメ一族”と言っていいほどの一大勢力となっている。

「シラユキヒメ自身は活躍できませんでしたが、仔の活躍は年々勢いが増しています。3番仔のユキチャンが関東オークス(G2)を勝ち、孫のハヤヤッコは昨年のレパードS(G3)で白毛馬として初のJRA重賞を勝ちました。さらに今年の2歳馬の活躍です。

これにはシラユキヒメの父がサンデーサイレンスという確かな血統背景が、子孫にいい影響を及ぼしていると考えられますね」(競馬記者)

 孫のソダシ、ハヤヤッコ、ひ孫で鹿毛のメイケイエールと重賞を舞台に活躍しているシラユキヒメ一族。2歳馬にもう1頭、注目の白毛馬がいる。

 それは8月22日に行われた小倉6Rの新馬戦(ダート1700m)を勝ち上がったダノンハーロック(牡2歳、栗東・音無秀孝厩舎)だ。

 白毛の馬体に、左目の周りが黒いことから、まるで眼帯をしているようなダノンハーロック。その見た目から、『宇宙海賊キャプテンハーロック』が名前の由来ではないかと言われている。

 アイドル性のある見た目に加えて、デビュー戦でのパフォーマンスも圧巻だった。

 レースでは最内枠を活かして、逃げたダノンハーロック。向こう正面で1頭捲ってくる馬がいたが、それに動じることなく2番手でレースを進める。直線を向いて追い出すと、抜群の手応えで後続を引き離す。最後は流す余裕を見せながら、2着に5馬身差をつける快勝だった。

 北村友一騎手は「長くいい脚を使うことができました。もっと素軽さが出てくれば」と上積みを望むコメントを残した。それだけ期待が高いということだろう。

 芝中距離のソダシ、芝短距離のメイケイエール、そしてダートのダノンハーロック。今年の2歳戦線はシラユキヒメ一族が盛り上げることになりそうだ。

JRA重賞ジャック「大躍進」シラユキヒメ一族! ソダシ、メイケイエール以外に忘れてはならない2歳の個性派に注目のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か