GJ > 競馬ニュース > レッツゴーアスクが異例のデビュー!?
NEW

JRA岩田康誠「後ろから行く気持ちが95%でした」残り「5%」が導いた“直感”から5年。新馬レッツゴーアスクが異例の「1勝クラス」デビュー

【この記事のキーワード】,

JRA岩田康誠「後ろから行く気持ちが95%でした」残り「5%」が導いた直感から5年。新馬レッツゴーアスクが異例の「1勝クラス」デビューの画像1

 異例の「1勝クラス」デビューへ――。

 11日、京都競馬・2歳芝1400m戦のりんどう賞(1勝クラス)に、レッツゴーアスク(牝2歳、栗東・梅田智之厩舎)が、鞍上・岩田康誠騎手で出走を予定している。

 今年の登録馬は、近年で最も少ない6頭と寂しい。しかし、本馬の「異例」ともいえる「初出走での参戦」により注目を集めるレースとなった。

 レッツゴーアスクのオーナーは「アスク」や「レッツゴー」など、様々な冠名を使い分けている廣崎利洋氏だ。

 廣崎氏の馬で、梅田厩舎、岩田騎手といえば、やはり2015年の桜花賞(G1)勝ち馬レッツゴードンキが思い出される。古馬となって短距離戦線で活躍し、人気を博した競走馬だ。

 意外にも桜花賞後の勝利は、1400m戦の京都牝馬S(G3)のみ。新馬戦、桜花賞、京都牝馬Sと、生涯3勝しかしていない。桜花賞後は芝G1での2着が3回と善戦しているが、全て1200m戦。過去の成績からも、マイル戦での距離が長かった事は否めないだろう。

「魔の桜花賞ペース」などと言われたのは過去の事。

 近年では、それほどハイペースにならない事も多く見られる桜花賞だが、レッツゴードンキが勝利した時は前半4ハロン50.0秒に対し、後半4ハロン46.0秒という「稀にみる超スローペース」。

 重馬場だったチューリップ賞でも、前半4ハロン48.5秒に対し後半4ハロン49.2秒というタイムで、桜花賞がいかにスローペースとなったかがわかるだろう。

 桜花賞ではレッツゴードンキが極端なスローペースで逃げているにもかかわらず、2番手以降も全く追いかけようとはしなかった。余力を残して直線に向いたレッツゴードンキは直線でも他馬を突き放し、最後は2着に4馬身差をつけてゴール。まさに「まんまと逃げきった」という言葉がしっくりくる勝利であった。

 桜花賞のレース後、岩田騎手は「後ろから行く気持ちが95%でした」とコメント。残り5%というわずかな可能性を“直感”で選択した名手の判断が光ったレースであった。

 梅田智之調教師にとっては、これがJRAのG1初勝利。オーナーの廣崎氏にとっても、馬主歴28年目にして初めてのG1勝利となった。

 あれから約5年半。G1トレーナー、G1オーナーとなったコンビが送り込む新馬・レッツゴーアスクは、初戦から1勝クラスのりんどう賞を選択。

 馬名がレッツゴードンキと似ている事からも姉妹と間違われそうだが、実はそうではない。

JRA岩田康誠「後ろから行く気持ちが95%でした」残り「5%」が導いた“直感”から5年。新馬レッツゴーアスクが異例の「1勝クラス」デビューのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 宝塚記念(G1)ソールオリエンスの評価真っ二つ!? 安藤勝己氏「頭打ち」VS田原成貴氏「豪脚を発揮してくれる」
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 単勝95.1倍「除外明け」超伏兵が直線で瞬間移動!? “実質デビュー戦”で見せた豪脚…牝馬ダート路線に遅れてきた大器
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは