GJ > 競馬ニュース > 「最強の1勝馬」エタリオウ引退
NEW

JRA川田将雅「今できる精いっぱい……」も10着。「最強の1勝馬」エタリオウ引退。サウンズオブアースから脈々と受け継がれる“最強馬”の後継はアノ馬!?

【この記事のキーワード】,

JRA川田将雅「今できる精いっぱい……」も10着。「最強の1勝馬」エタリオウ引退。サウンズオブアースから脈々と受け継がれる最強馬の後継はアノ馬!?の画像1

 通算30戦して、わずか2勝で現役生活を終えたサウンズオブアース。重賞で2着7回(うちG1・3回)と好走しながらも、ビッグタイトルにあと一歩届かなかったことから、「最強の2勝馬」と呼ばれた。

 2018年の有馬記念(G1)を最後に引退となったが、その“意志”は「最強の1勝馬」へと引き継がれた……。

 それは同年の日本ダービー(G1)で13番人気ながら4着に迫ったエタリオウ(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)だ。

 ダービーで見せた衝撃的な追い込みが評価され、3番人気に推された次走の神戸新聞杯(G2)ではワグネリアンと半馬身差の2着。実力がフロックでないことを証明した。

 そして、クラシック最終戦・菊花賞(G1)では2番人気に推され、初G1戴冠の期待が高まった。中団からレースを進め、2周目の坂の下りから進出を開始。最後の直線で先頭に立つと内からフィエールマンが鋭く伸び、2頭のデッドヒートになった。結果はハナ差及ばず2着に敗れた。

 翌年の始動戦となった日経賞(G2)ではついに1番人気に支持されるも、神戸新聞杯、菊花賞で先着してきたメイショウテッコンに逆転を許してしまい、またしても2着。これまでの成績が11戦して1着1回、2着8回ということから、『シルバーコレクター』、『最強の1勝馬』と呼ばれるようになった。

 いつG1を勝ってもおかしくない存在。当時、多くのファンがそう思ったことだろう。しかし、その後は1度も馬券に絡むことがなかった……。

JRA川田将雅「今できる精いっぱい……」も10着。「最強の1勝馬」エタリオウ引退。サウンズオブアースから脈々と受け継がれる最強馬の後継はアノ馬!?の画像2

 10着に敗れた今年の天皇賞・春(G1)で騎乗した川田将雅騎手は「今できる精いっぱいの走りをしてくれたと思います」とコメントしていることからも、かつての力はすでになかったのかもしれない。

 そして、10日にエタリオウの競走馬登録が抹消され、今後は乗馬となる予定であることが発表された。

 最強の1勝馬引退となるわけだが、すでにその“後継候補”はいるかもしれない。

JRA川田将雅「今できる精いっぱい……」も10着。「最強の1勝馬」エタリオウ引退。サウンズオブアースから脈々と受け継がれる“最強馬”の後継はアノ馬!?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【クイーンS】ボンドガール武豊は「仲間外れ」の孤軍奮闘!? 「休み明け」C.ルメールは新潟ではなく札幌参戦
  2. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 武豊「マジック炸裂」も次走で鞍上問題発生!? 一撃“5億円”獲得「世代ナンバーワン牡馬」が参戦予定
  4. 重賞勝ち馬で「伝説」に匹敵のセントライト記念!? アルナシーム優勝で朝日杯が話題も…休養中の実力馬が秋の復帰に準備着々
  5. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  6. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  7. JRA「暑熱対策」に関係者からブーイング続出!?朝帰り避けられぬ可能性も…「遅過ぎる最終レース」に現場は戦々恐々
  8. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  9. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  10. 【クイーンS】藤田伸二を背に初重賞制覇を飾った「名牝」、今年の狙い目は武豊騎乗「恵量」の3歳馬?【東大式必勝馬券予想】