GJ > 競馬ニュース > 暮れの名物レースで「9馬身差」衝撃
NEW

JRA有馬記念(G1)“落選”ジョッキーで明暗くっきり!? 暮れの名物レースで「9馬身差」衝撃。「ペースを落とし過ぎた」期待の若手騎手が大失態

【この記事のキーワード】, ,

JRA有馬記念(G1)落選ジョッキーで明暗くっきり!? 暮れの名物レースで「9馬身差」衝撃。「ペースを落とし過ぎた」期待の若手騎手が大失態の画像1

 今年の中央競馬の開催も残すところ2日間。わずか48レースしか残されていないが、26日は中山大障害(G1)、ホープフルS(G1)、阪神C(G2)が予定されており、27日には暮れの大一番・有馬記念(G1)が控えている。ビッグレース目白押しで、1年を締めくくる楽しみな週末になりそうだ。

 12月は中山、阪神、中京の3場開催で行われていたが、20日で今年の中京開催は終了。開催2日間の休みを挟んで京都金杯(G3)が行われる1月5日から再始動となる。

 そんな今年の中京開催を締めくくるレースとして行われたのが尾張特別(2勝クラス)だ。

 尾張Sに改称されたこともあるが、12月に中京で行われる“尾張”と“終わり”をかけた名物レース。2016年からは毎年中京開催の最終日にラストを飾るレースとして行われており、特に中京圏のファンにとっては思い入れの強いレースではないだろうか。

 そして、今年の尾張特別は特に記憶に残る一戦となった。

 レースは9番人気ヒラボクメルローがハナを切り、後続を大きく引き離す展開。1000m通過時点で2番手の4番人気ダブルフラットに約20馬身差、さらにそこから約8馬身差で3番手の2番人気ハーツイストワールが馬群を従える大逃げとなった。

 大きく引いて捉えるカメラワークに多くのファンがかなりのハイペースと思ったことだろう。しかし、1000mの通過タイムは62秒0と決して速くない。むしろ、後続が遅すぎたのだ。

 残り600mを切ったあたりから後続が追い出しをかけるも、時すでに遅し。逃げるヒラボクメルローが9馬身差をつける圧勝に終わった。

JRA有馬記念(G1)落選ジョッキーで明暗くっきり!? 暮れの名物レースで「9馬身差」衝撃。「ペースを落とし過ぎた」期待の若手騎手が大失態の画像2

「ヒラボクメルローの手綱を取った津村明秀騎手の好騎乗も光りますが、さすがに後ろが遅すぎましたね。2番手の藤岡康太騎手のダブルフラット、3番手の団野大成騎手のハーツイストワールが人気上位馬だったため、各ジョッキーはこの2頭を標的とするレース運びを行ったことで、人気薄のヒラボクメルローが楽に逃げられましたね。

特に、団野騎手は『3番手でペースを落とし過ぎました。前がペースを上げていると思ったのですが、終わってみればペースが速くありませんでした』と反省のコメントをしています。団野騎手にとって苦い経験となってしまいましたね」(競馬記者)

 今年61勝を挙げ、昨年の26勝を大きく上回る成績を残している団野騎手。デビュー2年目の同期・岩田望来騎手、斎藤新騎手と並んで注目されている若手のホープだ。

 順調に好成績を残している一方で、今年のラジオNIKKEI賞(G3)で団野騎手は苦杯をなめている。

JRA有馬記念(G1)“落選”ジョッキーで明暗くっきり!? 暮れの名物レースで「9馬身差」衝撃。「ペースを落とし過ぎた」期待の若手騎手が大失態のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  4. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  5. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃