GJ > 競馬ニュース > M.デムーロ「皆さんごめんなさい」
NEW

M.デムーロ「皆さんごめんなさい」プレッシャーで度忘れ!? 東京大賞典(G1)3連覇達成も「お得意のポーズ」は……12月「0勝」から起死回生の勝利

【この記事のキーワード】, ,

 史上初の3連覇達成――。

 29日、大井競馬場で行われた東京大賞典(G1)は、M.デムーロ騎手が騎乗した1番人気のオメガパフューム(牡5歳、栗東・安田翔伍厩舎)が優勝。同レース史上初の3連覇を達成した。

 16頭立てのレースを7番ゲートからスタートしたオメガパフュームは、ゲートにもたれる感じで後方から。しかし、二の脚は速く中団まで押し上げると、道中は好位の外目を追走。前に2番人気のダノンファラオを見る絶好の位置取りで3コーナーを迎えた。

 ダノンファラオが仕掛けを開始すると、それを見るように外からオメガパフュームも進出し、直線で先頭に立ったカジノフォンテンを追撃する。しかし、ダノンファラオは残り200mで早くも脱落。粘るカジノフォンテンに、それを追うオメガパフューム、さらに外からウェスタールンドが迫り、3頭の争いになった。

 残り100mでオメガパフュームが先頭に立つが、それに食い下がるカジノフォンテン。外から迫ったウェスタールンドも最後は脚色が一緒になり、そのまま押し切ったオメガパフュームが勝利した。

 レース後のインタビューでデムーロ騎手が「メンバーを考えたら結構弱いと思ったけど、展開はとても厳しかったですね」と話したのは、近走の相手が強かったということだろう。大井で出走したオメガパフュームの近2戦は、帝王賞(G1)、JBCクラシック(G1)で2着。勝利したのはともに当時、国内無敗のクリソベリルだった。それだけに負けられない一戦だったということだろう。

 また、今年のデムーロ騎手はJRA移籍後で最も少ない「年間65勝」と不振に陥った年でもある。さらに、12月はここまで「0勝」と今までになく精彩を欠いており、勝利から遠ざかっていた状況を考えればプレッシャーも相当にかかっていたはずだ。

「早め先頭立ったら物見をするから、ちょっと難しい展開だった」という言葉からも、人気馬だけに仕掛けどころも難しかったはず。今回の勝利は、デムーロ騎手にとって胸を撫で下ろす勝利だったに違いない。

 勝利騎手インタビューでは「とっても嬉しいですね。皆さんごめんなさい、飛行機してなかったです」とプレッシャーから解き放たれた気のゆるみか、勝利後にガッツポーズは出たものの、馬上で手を広げる「お得意のポーズ」は度忘れしていたようだ。

 プレッシャーに打ち勝ち、史上初の偉業を成し遂げたデムーロ騎手。来年は、かつての輝きを取り戻したような活躍に期待したい。

M.デムーロ「皆さんごめんなさい」プレッシャーで度忘れ!? 東京大賞典(G1)3連覇達成も「お得意のポーズ」は……12月「0勝」から起死回生の勝利のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  2. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  3. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  4. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  5. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  6. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. ダノンデサイルにも先着した「実力馬」が5馬身差の圧逃劇!シンガリ惨敗から一気の変わり身で見えた菊花賞への道
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏