GJ > 競馬ニュース > 来年のフェブラリーSは武豊頼み!?
NEW

JRA来年のフェブラリーS(G1)は武豊頼み!? 「低レベル」化進むダートに懸念も…… 暗黒時代突入避けられず

【この記事のキーワード】, ,

JRA来年のフェブラリーS(G1)は武豊頼み!? 「低レベル」化進むダートに懸念も…… 暗黒時代突入避けられず の画像1

 今年は何かと話題の多い1年だった。アーモンドアイの芝9冠達成に始まり、3歳はコントレイル、デアリングタクトという無敗の三冠馬が同年度に誕生した。秋G1では1番人気馬が怒涛の7連勝。また、有馬記念(G1)をクロノジェネシスが制したことにより、牝馬による混合JRA・G1は9勝と、”牝馬が強い年”を象徴するラストとなった。

 芝のレースでは、宝塚記念(G1)に加えてグランプリを連勝したクロノジェネシス、三冠馬3頭の激突で空前の盛り上がりを見せたジャパンC(G1)など、好レースを挙げればキリがない。

 これに対し、ダートに関しては盛り上がりを欠いた印象が否めない。

 モズアスコットが制したフェブラリーS(G1)は、2着に16番人気ケイティブレイブが入り、3連単は46万4920円の大波乱。チャンピオンズC(G1)は、単勝1.4倍と圧倒的1番人気に支持されたクリソベリルが4着に敗れた。10番人気インティが3着の3連単は20万6940円と荒れに荒れた。

 波乱に終わるということは、強い馬が強い勝ち方を見せるシーンがなかったことの裏返しともなる。国内8戦無敗を誇ったクリソベリルの敗戦もこれに該当する。

JRA来年のフェブラリーS(G1)は武豊頼み!? 「低レベル」化進むダートに懸念も…… 暗黒時代突入避けられず の画像2
クリソベリル JBISサーチより

 そこへ来て、同馬について残念な知らせも入った。所属しているキャロットクラブからクリソベリルが、右後脚の繋靭帯を損傷しているとの発表があったのである。今後、北海道で経過観察が続けられるとのことだが、回復には時間を要すると考えられている。

 故障箇所が靭帯ともなると競走能力への影響は避けられない。18年のチャンピオンズC覇者ルヴァンスレーヴも無類の強さを誇った馬だったが、脚部不安に悩まされ続けた。闘病生活が長引き、約2年ぶりに復帰した今年のかしわ記念(G1)で5着に敗退。続いて帝王賞(G1)でも10着に大敗し、陣営は「本来のパフォーマンスを取り戻すのは難しい」として現役引退を選択した。

 フェブラリーSを制したモズアスコット、近年のダート界を引っ張ったG1・5勝馬ゴールドドリームもついに引退。有力馬の相次ぐ離脱でダート戦線は、ニューヒーローの誕生が急務となる。

 しかし、次代を担うはずだった3歳世代も大きく期待を裏切った。カフェファラオはチャンピオンズCで古馬相手に力負けといえる6着に終わり、大井の東京大賞典(G1)に出走したダノンファラオも、見せ場なく12着と大敗を喫してしまった。

 そこで懸念されるのは、来年のフェブラリーSのメンバーレベルである。

JRA来年のフェブラリーS(G1)は武豊頼み!? 「低レベル」化進むダートに懸念も…… 暗黒時代突入避けられずのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊「面目は保ったと思います」今年もWASJ参戦決定! 初年度から唯一の皆勤、「表彰台率」は脅威の7割超え
  6. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  7. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  8. 大江原比呂が「魔法少女」に大変身!? 注目の良血馬もデビュー、「独断と偏見」で選ぶオススメ2歳新馬たち
  9. 「さらば小牧太」そしておかえり…地方競馬再デビューに祝福の声続々!12番人気で大穴開けた「700万馬券」やバラ一族悲願のG1奪取にも貢献
  10. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?