GJ > 競馬ニュース > 菊花賞は「3000m」の必要があるのか?
NEW

JRA武豊VS識者論争再び!? 菊花賞は「3000m」の必要があるのか?「理由がない限り出ないレース」コントレイルがジャパンCで敗れた「1000mの差」

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊VS識者論争再び!? 菊花賞は「3000m」の必要があるのか?「理由がない限り出ないレース」コントレイルがジャパンCで敗れた「1000mの差」の画像1 激動だった2020年の競馬も全日程を消化し、JRA(日本中央競馬会)は前年比103・5%となる2兆9834億5587万2000円の年間売上を記録した。

 様々な興業が新型コロナウイルスの影響によって深刻なダメージを受ける中、9年連続となる売上増。改めて「競馬」の人気ぶりが浮き彫りとなった。

 そんな競馬人気に大きく貢献したのが、三冠馬3頭が激突したジャパンCだ。NHKのニュース番組で取り扱われるなど、競馬の枠組みを超えた注目を集め、272億7433万4600円の売上は前年比147.5%。今世紀最高を記録している。

 また、ジャパンCには及ばなかったものの三冠の最終戦となる秋華賞、菊花賞もそれぞれ前年比140.1%、130.4%を記録。牝馬のデアリングタクト、牡馬のコントレイルの無敗三冠が懸かった一戦として例年以上の注目を集めた。

 そんな競馬の売上にも大きく貢献したデアリングタクトとコントレイルだが、世紀の一戦と称されたジャパンCでは、先輩の三冠馬アーモンドアイにキャリア初の敗戦を喫している。

 ただ一方で、三冠馬3頭の前走の「走行距離」に大きな差があったことは見逃せない。

「デビュー以来、初めて一生懸命に走った。それも(前走が)3000mだったので、普通にダメージはあった」

JRA武豊VS識者論争再び!? 菊花賞は「3000m」の必要があるのか?「理由がない限り出ないレース」コントレイルがジャパンCで敗れた「1000mの差」の画像2

 これはジャパンC前の共同会見でコントレイルを管理する矢作芳人調教師が、管理馬の状態を聞かれて発した言葉だ。その背景には、コントレイルが決して3000m向きの馬ではなかったことが挙げられるが、それ以前に菊花賞がJRAでわずか6つしかない「3000m超えのレース」の1つであることにも問題があったといえる。

 実際に、ウオッカが牝馬として64年ぶりに日本ダービーを制した2007年以降、菊花賞に出走したダービー馬はわずか3頭しかいない。その内、2頭はオルフェーヴルとコントレイルであり、つまりは「三冠」という明確な理由……もっと言えば「出ざるを得ない理由」があったということになる。

 つまり、現代の3歳牡馬たちにとって、皐月賞から日本ダービーはそれなりの理由がない限り出るレースだが、日本ダービーから菊花賞はそれなりの理由がない限り出ないレースになっているということだ。

 無論、夏を挟む分調整が難しくなる事情もある。だが各陣営が菊花賞を敬遠する理由は、単純な距離適性よりも、長距離戦を使う「消耗度」を懸念していることが大きい。

 例えば、菊花賞と同じ長距離G1として名を馳せる天皇賞・春に着目したい。

JRA武豊VS識者論争再び!? 菊花賞は「3000m」の必要があるのか?「理由がない限り出ないレース」コントレイルがジャパンCで敗れた「1000mの差」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅、C.ルメールも認めた「9戦連続」1番人気の大物がカムバック。新進気鋭の指揮官に託された超新星の復活はホンモノか、フロックか
  2. 「3000万円級」の大波乱演出に本人もビックリ!確勝期した敗戦に戸崎圭太はガックリ…「ルメールロス」嘆くファンも
  3. 「2連勝中」武豊の秘密兵器候補VS「逆襲」のギャンブルルーム! 秋の大舞台を見据え、好調3歳牡馬の素質馬が激突!
  4. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  5. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  6. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  7. 武豊、55歳でも「鉄人ぶり」証明した函館開催…ドウデュース敗戦もヤマニンウルスとG1視野、「レジェンド超え」の伏兵陣も要注意
  8. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  9. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  10. 「武豊を追いかける」証拠映像がジョッキーカメラに!? 「マークする相手を間違えました…」前日重賞初Vの若武者が敗戦の弁