GJ > 競馬ニュース > 武豊は何故「暴走娘」を馬群に入れないのか
NEW

JRA武豊は何故「暴走娘」メイケイエールを馬群に入れないのか。「団野君の馬にタッチした」明かされた理由と「落馬寸前」の危険な実験に驚愕

【この記事のキーワード】,

JRA武豊は何故「暴走娘」メイケイエールを馬群に入れないのか。「団野君の馬にタッチした」明かされた理由と「落馬寸前」の危険な実験に驚愕の画像1

「よっしゃー!」

 昨年12月の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)、その枠順が決まった際だ。メイケイエールを管理する武英智調教師の“雄叫び”に、少々違和感を抱いたファンも少なくなかったのではないだろうか。

 大外の18番を引き当てたメイケイエールは、主戦の武豊騎手が「課題は明白」と話している通り、以前からひどい掛かり癖で有名な馬だ。そんな“問題児”が大外枠を引いてしまえば、ますます不利になってしまうのではないか――。

 というのも本来、掛かり癖を持つ馬を制御する手段の1つとして「馬群の中に入れる」というセオリーがあるからだ。

 レース中、いくら馬が前に行きたい気持ちを出しても、目の前に“馬の壁”があれば諦めざるを得ない。そうして折り合いがついて脚を溜められた馬が、最後の直線で凄い脚を繰り出すシーンはそれこそ日常茶飯事と言えるだろう。

 だからこそ、いくら我が強いメイケイエールでも馬群の中に入れてしまえば、上手く折り合えるのではないか――。筆者を始め、熱心な競馬ファンなら誰もが一度は考えそうなことだが、そんな甘い妄想は武豊騎手の一言で吹き飛んでしまった。

「団野君の馬にタッチしましたからね……」

 そう武豊騎手が解説したのは『武豊TV!ll』(フジテレビ系)の一幕だ。昨年の阪神JFを振り返る際、外から掛かり通しでポジションを上げていくメイケイエールに、鞍上の武豊騎手も相当手を焼いていたという。

 このままでは最後の脚が持たないと判断した武豊騎手は「一瞬、『馬の真後ろに入れて我慢できるかな?』と思った」と、咄嗟に前を走っていた団野大成騎手のアオイゴールドを使って“馬の壁”を試したようだ。

 ところが「ちょっと触りましたもんね。前の馬に……」と、メイケイエールは躊躇することなく、そのまま前の馬に突っ込もうとしたらしい。これには司会の福原直英アナも「それは危ないですね」と絶句……。

 経験豊富な武豊騎手だけに事なきを得たが、あわや落馬事故のアクシデントだったようだ。

JRA武豊は何故「暴走娘」メイケイエールを馬群に入れないのか。「団野君の馬にタッチした」明かされた理由と「落馬寸前」の危険な実験に驚愕のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  5. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  9. 宝塚記念(G1)前にドウデュース主戦・武豊が絶好調! メインレース勝利を含む「パーフェクト連対」、2歳新馬は「6馬身差」の圧勝劇
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは