GJ > 競馬ニュース > 「怪物牝馬」の全弟始動!
NEW

JRA皐月賞1番人気「怪物牝馬」ファンディーナの全弟始動! 高野師「後悔の感情が心の奥底に……」全姉の無念を晴らす活躍なるか?

【この記事のキーワード】,
※ファンディーナ/『競馬つらつら』より

 2017年、圧倒的な強さでデビュー3連勝を飾り、牝馬ながら皐月賞(G1)で1番人気に支持されたファンディーナ。その全弟であるレアリサンド(牡3、栗東・高野友和厩舎)が、5日(火)中京競馬場5R・3歳新馬(芝2000m)でデビューを迎える。

 全姉ファンディーナは、デビュー戦からライバルを圧倒。3戦目となったフラワーC(G3)でも馬なりのまま2着に5馬身差を付けて勝利。16年の阪神JF(G1)をデビューからの3連勝で制したソウルスターリングとともに「クラシック戦線の中心」に座する存在として考えられていた。

 そしてその才能を確信した陣営は、牝馬ながら皐月賞への挑戦を決断。迎えた牡馬クラシック初戦では単勝2.4倍の1番人気に推された。だがファンディーナは、最後の直線で伸びを欠き7着。牝馬として69年ぶりの制覇は成し遂げられず、オークス(G1)や日本ダービー(G1)に出走することなく休養に入った。

 皐月賞後、ファンディーナは、1番人気に支持された復帰戦のローズS(G2)を6着で終えると、続く秋華賞(G1)では13着と大敗。一度狂った歯車は元に戻らず、その後、出走したリゲルSでは9着に終わると、レース後に右腸骨骨折が判明……。長期に渡って療養していたものの、翌年7月に無念の引退を発表している。

「これからの人生で、後悔の感情が心の奥底にずっと残りそう。本当に申し訳ない思いです」

 高野調教師はファンディーナ引退時、その才能を開花させることができなかったことを心から悔いていた。昨年は重賞5勝とキャリア最多の重賞勝ちを記録するなど、順調にキャリアを積み重ねている高野師だが、このファンディーナが残したトラウマを払拭するような活躍する管理馬はまだ登場していない。

JRA皐月賞1番人気「怪物牝馬」ファンディーナの全弟始動! 高野師「後悔の感情が心の奥底に……」全姉の無念を晴らす活躍なるか?の画像2

 あの挑戦から4年。ファンディーナの全弟レアリサンドが始動する。新馬戦で騎乗するのは姉の主戦も務めていた岩田康誠騎手。稽古ではその岩田康騎手を背にCウッド6ハロン82秒4、ラスト12秒6を記録した。

 管理する高野師は鼻出血があったため、本気では攻めていないというが、「乗り込み量でカバーしている。前重心のフォームで走るので実戦でどう出るか」と『日刊スポーツ」の取材に明かしている。

 まだ体調面に若干の不安を残しているだけに、高野師を始めとした陣営からは慎重なコメントが聞かれる。だが、牝馬ながらゆうに500キロを超える馬体を誇っていたファンディーナ同様、レアリサンドも510キロ前後での出走を予定しているといい、姉を彷彿とさせる雄大な馬体でデビューすることになるようだ。

 新馬戦は半兄エアアルマスのエアサージュ、マジェスティックウォリアー産駒ウォリアープライド、ユーキャンスマイルの全弟ピーニャなど、一筋縄ではいかなそうなメンバーが揃った。興味深い一戦となるのは間違いないだろう。

 今度こそ、その無念を晴らすことができるのか。高野師や関係者たちの思いを乗せ、期待馬レアリサンドが初陣を迎える。

JRA皐月賞1番人気「怪物牝馬」ファンディーナの全弟始動! 高野師「後悔の感情が心の奥底に……」全姉の無念を晴らす活躍なるか?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  2. ダノンデサイルにも先着した「実力馬」が5馬身差の圧逃劇!シンガリ惨敗から一気の変わり身で見えた菊花賞への道
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 安藤勝己氏も称賛「展開の読み」ズバリ!岩田康誠、半年ぶり重賞Vに“控えめ”ガッツポーズ…函館記念(G3)圧勝劇に「もっと大きい舞台に行ける」
  5. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  6. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  7. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  8. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  9. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは