GJ > 競馬ニュース > 「開眼の制御放棄」女王復活のレコードV!
NEW

JRA北村友一「開眼の制御放棄」で女王復活のレコードV! 阪急杯(G3)レシステンシア「悪夢」の主戦降板劇から1年、気になる「次走」は……

【この記事のキーワード】, ,

JRA北村友一「開眼の制御放棄」で女王復活のレコードV! 阪急杯(G3)レシステンシア「悪夢」の主戦降板劇から1年、気になる「次走」は……の画像1

 28日、阪神競馬場で行われた阪急杯(G3)は、1番人気のレシステンシア(牝4歳、栗東・松下武士厩舎)が勝利。一昨年の2歳女王が、復活のレコード勝ちを飾った。

「強かったです、はい!」

 規格外の強いレシステンシアが帰ってきた。17頭立て、芝1400mのレース。好スタートを決めたレシステンシアは、内からロードアクアがハナを主張したものの、ペースが落ち着いたところを交わして先頭へ。「自分のリズムに徹しようということを一番に心掛けて、馬が自然とスピードの違いで(ハナへ)行ったので逆らわずに」という北村友一騎手の好判断もあってペースを緩ませることを許さず、最初の600mを33.9秒の高速ペースで隊列を牽引した。

 同じ阪神の1400mで行われた前日の最終レースでは、オーマイガイが最初の600mを33.2秒で逃げて、最後は2番手を追走したワンダーアフィラドと揃ってブービーと最下位。この日の阪急杯も普通の逃げ馬なら、最後に止まってしまってもおかしくなかったが、ここからが女王レシステンシアの真骨頂だった。

 最後の直線に入ると、2番手から食い下がってきたジャンダルムを逆に突き放す貫禄の走り。最後はミッキーブリランテが2番手に浮上したものの、2馬身差を付けて阪神1400mのコースレコードを0.1秒更新した。

 レース後、「メンバー自体は『楽ではないな』と思っていたんですけど、この馬も古馬になって調教の感じもよかったですし、凄く期待していたので無事に勝ててホッとしています」と笑顔が絶えなかった北村友騎手。

 昨秋のマイルCS(G1)では8着と初めて馬券圏内を外したが、2021年の始動戦を最高の形で勝利した。

「勝利騎手インタビューで北村友騎手も『強い』と繰り返していましたが、本当に強い競馬でした。レシステンシアといえば、一昨年の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)もレコード勝ちしましたが、あの時もハイペースで前に行ったにも関わらず、最後まで止まらない圧巻の競馬。

この日はあのレースを彷彿とさせるような競馬でしたし、折り合いを気にして下手に抑えず、馬の気持ちを優先させた北村友騎手の判断が最大の勝因ではないでしょうか。先々が楽しみになる内容でした」(競馬記者)

 北村友騎手とレシステンシアといえば重賞2連勝で2歳女王に上り詰めたコンビだが、続くチューリップ賞(G2)では単勝1.4倍に推されたものの、最初の600mを35.1秒のスローペースで逃げて3着に惨敗……主戦降板の”悪夢”に繋がった経緯がある。

 そんな苦い経験もあってか「(再び)乗せていただけることを嬉しく思っていました」と、改めて関係者へ感謝の意を伝えた北村友騎手。馬の気持ちを最優先した強いレシステンシアを復活させたことで「次も楽しみが広がっていきますので、応援していただければと思います」と力強い言葉で勝利騎手インタビューを締めくくった。

 この勝利には元JRA騎手のアンカツこと安藤勝己氏も「思ったよりもタメた逃げやったけど、パンパンの良馬場ならやっぱり速い。離して逃げてれば、もっと時計出てたよ」(公式Twitter)とコメント。女王復活を印象付けたこの日のレシステンシアだったが、さらに進化の上積みがあることを示唆している。

 気になる次走については「オーナーと相談します」としたものの「1200mでもありなのかな」と春の高松宮記念(G1)に含みを持たせた松下武士調教師。ハイペースでも簡単には止まらない規格外の走りを復活させた2歳女王は、2つ目のビッグタイトルへ視界良好だ。

JRA北村友一「開眼の制御放棄」で女王復活のレコードV! 阪急杯(G3)レシステンシア「悪夢」の主戦降板劇から1年、気になる「次走」は……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊「面目は保ったと思います」今年もWASJ参戦決定! 初年度から唯一の皆勤、「表彰台率」は脅威の7割超え
  6. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  7. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  8. 大江原比呂が「魔法少女」に大変身!? 注目の良血馬もデビュー、「独断と偏見」で選ぶオススメ2歳新馬たち
  9. 「さらば小牧太」そしておかえり…地方競馬再デビューに祝福の声続々!12番人気で大穴開けた「700万馬券」やバラ一族悲願のG1奪取にも貢献
  10. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?