GJ > 競馬ニュース > 【徹底考察】アウォーディー
NEW

【東京大賞典考察】アウォーディー「ダート初の敗戦は武豊騎手のオヤジギャグ連発にグレたから?最大の弱点を露呈しない鍵は、意外にも『あのライバル』の復調か?」

【この記事のキーワード】, ,
awho-dhi-.jpgアウォーディー(JBISサーチ公式サイトより)

『考察』

 ダート転向後の連勝が「6」で途絶えたアウォーディーが巻き返しを懸けて、29日の東京大賞典(G1)に挑む。

 前走のチャンピオンズC(G1)は結果だけを見れば、敗れたとはいえ勝ったサウンドトゥルーとはクビ差の2着。悲観するような順位ではない。ただし、こと「内容」に関しては連勝が止まったこと以上に大きな課題が浮き彫りとなった一戦だった。

 まずは、そのチャンピオンズCを振り返りたい。

 この秋のJBCクラシック(G1)でホッコータルマエ以下を破り、ダート界の新王者として中央競馬凱旋を果たしたアウォーディー。

 ダート転向後から止まらない連勝街道。天皇賞馬ヘヴンリーロマンスの息子であり、主戦に武豊というスター性あふれる背景は、即座にファンを魅了した。初のJRAでのG1挑戦は、ライバルたちを押し退け単勝2.2倍という高い支持を集めている。

「1番人気の2枠2番」からの発走ということもあり、進路を確保するためにスタートからある程度出して行った武豊騎手。おそらく番手の競馬をイメージしていたのだろう。スタートしてすぐに、結果的に2番手から3着に粘り込むアスカノロマンの直後に入れて折り合いを付けている。ここまでは、ほぼパーフェクトに近い騎乗だったのではないか。

 ところがその直後、1コーナー手前でアウォーディーがいきなり減速。番手につけたアスカノロマンに大きく引き離されて、6番手という中団やや前までポジションを落としている。ただ、幸いにもちょうどそこが馬群の切れ目のポケットになっており、大きな傷には至らなかった。

 そのままの位置取りで無難に2コーナーを回って向正面に入ったアウォーディー。再びリズムを取り戻したかに見えたが、3コーナーの手前でまたも減速。突如として、武豊騎手の手が大きく動いている。

 武豊騎手はそのまま勢いをつけて、3、4コーナーで一息にまくりの競馬に出たが、3コーナー過ぎたところで、アウォーディーが今度は口向きを外に向けて減速。結局、まくり切れないまま最後の直線に入った。

【東京大賞典考察】アウォーディー「ダート初の敗戦は武豊騎手のオヤジギャグ連発にグレたから?最大の弱点を露呈しない鍵は、意外にも『あのライバル』の復調か?」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  4. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  5. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃