GJ > 競馬ニュース > 福永祐一 新馬戦5連勝に隠された配慮
NEW

JRA 「俺の経験則から言うと……」福永祐一、新馬戦5連勝に隠された配慮。新馬15戦で勝率53.3%、3着以内率は驚異の86.7%!

【この記事のキーワード】, ,

JRA 福永祐一「俺の経験則から言うと……」新馬戦5連勝に隠された配慮。新馬15戦で勝率53.3%、3着以内率は驚異の86.7%!の画像1

 福永祐一騎手の「新馬無双」が止まらない。

 17日、小倉競馬場で行われた5Rの新馬戦はシゲルイワイザケ(牝2歳、栗東・渡辺薫彦厩舎)が優勝。鞍上・福永騎手の完璧なエスコートに導かれ、デビュー戦を勝利で飾った。

 レースは、8頭立ての芝1800m戦。好スタートを切ったシゲルイワイザケであったが、レース後に福永騎手が「聞いていたよりゲートは速かったけど、控える形で運びました」と話した通り、好位追走を選択する。

 シッカリと脚が溜まったシゲルイワイザケは、勝負所でレースが動き始めても楽な手応えで外から進出。直線入り口で先頭に並びかけると、2着ルクスレジーナの追撃も凌ぎ切りノーステッキで押し切った。

 また、この日の福永騎手は、続く6Rの新馬戦(芝1200m)でもスリーパーダ(牝2歳、栗東・斉藤崇史厩舎)で優勝。こちらも好スタートから好位を追走すると、直線では早めに先頭に並びかけ押し切っている。

 福永騎手は先週も小倉で騎乗しており、土日で行われた新馬戦3レースを全て優勝。これで新馬戦の連勝を「5」に伸ばしたが、その全てを同じような先行策で勝利した。

 先週の新馬戦では土曜日にサイード、日曜日にピースオブエイト、テイエムスパーダに騎乗。ピースオブエイトはスタートでモタついたが、その他の4頭はどれもハナを切れるだけのスタートを見せていただけに、意図的に「下げた」という可能性が高そうである。

 これを裏付けるかの如く、吉本興業所属の漫才コンビ・ビタミンSのお兄ちゃんが持つYouTubeチャンネル『お兄ちゃんネル』では福永騎手が持論を展開。詳細はそちらでご覧いただきたいが、福永騎手は「俺の経験則から言うと、逃げた馬が次に距離が延びて逃げられなかった時は大抵負ける」と話しているのだ。

 競馬では逃げた馬の勝率が高いのは有名な話だが、もちろん福永騎手もそれは承知している。ただ、逃げた馬が次走で勝つパターンとしては「また逃げられるか、距離を短くするしかないと俺は思ってんねん」と逃げることのリスクを説明している。

■福永祐一騎手 今年の2歳新馬戦成績(勝率、連対率、複勝率)
福永祐一【8-2-3-2/15】53.3% 66.7% 86.7%

 今年6月から始まった2歳新馬戦では、これまで15回騎乗しており馬券圏内を外したのがわずか2回のみ。計8勝と半分以上のレースで騎乗馬を勝利に導いている。

 将来ある2歳馬の可能性を大事にしながら勝利を量産する福永騎手。有力な乗り馬に恵まれるのも、こういった配慮があってのことだろう。(文=北野なるはや)

<著者プロフィール>
 某競走馬育成牧場で働いた後、様々なジャンルの仕事で競馬関連会社を転々とする。その後、好きが高じて趣味でプログラミングを学習。馬券には一切のロマンを挟まないデータ派であるが、POG(ペーパーオーナーゲーム)では馬体派という奇妙な一面も持つ。

JRA 「俺の経験則から言うと……」福永祐一、新馬戦5連勝に隠された配慮。新馬15戦で勝率53.3%、3着以内率は驚異の86.7%!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  4. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  5. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  6. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  7. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も
  8. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  9. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  10. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体