GJ > 競馬ニュース > 【キーンランドC(G3)展望】
NEW

JRA【キーンランドC(G3)展望】「ご満悦」武豊と「真面目過ぎる」メイケイエールが試金石! 負けなし1200m戦でレイハリアと一騎打ちか

JRA【キーンランドC(G3)展望】「ご満悦」武豊と「真面目過ぎる」メイケイエールが試金石! 負けなし1200m戦でレイハリアと一騎打ちかの画像1
メイケイエール 撮影:Ruriko.I

 29日、札幌競馬場ではキーンランドC(G3)が行われる。最大の注目は約1年ぶりのスプリント戦に臨むメイケイエール(牝3歳、栗東・武英智厩舎)だろう。

 記憶に新しい前走の桜花賞(G1)。代打・横山典弘騎手を背に、スタートで出遅れ後方からの競馬を強いられた。そして陣営が懸念した掛かり癖がやはり露呈してしまう。

 向正面で馬群を縫うように先行集団に詰め寄っていき、途中ソングラインに致命的な不利を与えるなど大迷惑をかけたメイケイエール。3角で先頭に立つと、直線を向いたときにはすでに余力はなく、最下位18着に惨敗した。

 その桜花賞でハミ受け不良とみなされたメイケイエールは、平地調教再審査を課されたが、今月19日に武豊騎手を背に無事合格。キーンランドC出走にゴーサインが出た。

 久々に同馬に跨がった武騎手は「落ち着いていた。動きもいいし、さすがというフットワークだった」とご満悦。掛かり癖がありながら重賞を3勝したポテンシャルの持ち主が、初の古馬相手にどんな競馬を見せてくれるか。

「そのレースぶりから、気性難と言われているメイケイエールですが、武英調教師は常々『気性は本当にいい』と話しています。この馬が行きたがるのはレースだけで『(レースで)前にいる馬を全部抜かすのが、自分の仕事だと思っているようで……』と話している通り、やんちゃというよりは真面目過ぎるのが実情のようです」(競馬誌ライター)

 これまで2戦2勝と負けがない1200m戦、ペースが上がれば必然と折り合いも付きやすくなるだろう。それでも鞍上の武騎手は、逃げるか追い込むかの極端な競馬を示唆している。その手綱捌きに注目が集まりそうだ。

 メイケイエールと同じ3歳牝馬のレイハリア(牝3歳、美浦・田島俊明厩舎)は3連勝と波に乗る。

 未勝利戦を勝ち上がったのは、今年の3月14日。メイケイエールがチューリップ賞(G2)を同着1着で制した翌週のことだった。その後、雪うさぎ賞(1勝クラス)を勝つと、葵S(重賞)は13番人気ながら、最後の直線でヨカヨカをハナ差しのいで金星を挙げた。

 前半33秒2のハイペースで、先行した馬が軒並み掲示板を外すなか、2番手追走から粘り込んだことは評価すべきだろう。こちらも古馬とは初対戦となるが、斤量差を生かして大仕事をやってのける可能性は十分ありそうだ。

JRA【キーンランドC(G3)展望】「ご満悦」武豊と「真面目過ぎる」メイケイエールが試金石! 負けなし1200m戦でレイハリアと一騎打ちかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着