GJ > 競馬ニュース > 森師「未出走馬」2頭を重賞に
NEW

JRAヨシオの調教師「マジック再現」狙うも不発!? 未出走馬2頭を重賞にエントリーしたものの……、今回ばかりは取り下げとなった裏事情

JRAヨシオの調教師、「未出走馬」2頭を重賞にエントリー! マジック再現狙うも、今回ばかりは容易に「決断」できない事情の画像1

 29日、新潟競馬場では芝1600mの新潟2歳S(G3)が行われる。

 過去10年の勝ち馬には桜花賞馬ハープスターや、今年のマイラーズC(G2)を制したケイデンスコール。2着馬にも後の皐月賞馬イスラボニータや、国内外でG1・3勝を挙げたジャスタウェイなどが名を連ねる出世レースだ。

 偉大な先輩たちに続かんとばかりに、今年も14頭の若駒がエントリーしてきた。

 中でも一際目を引いたのは、オカンモシャチョウとピンクダイヤの2頭ではないだろうか。共にまだ1戦もしていない未出走馬。管理するのは栗東の森秀行調教師だ。

 森師といえば今月14日、未出走馬であるデュガをいきなりオープン特別のフェニックス賞でデビューさせたことで、大いに話題を集めた。武豊騎手を背に不良の馬場コンディションを、後方から差を詰めて3着を確保。新馬戦2着の賞金である280万円を上回る400万円を見事に獲得している。

 また、2018年には、同じく未出走馬のヘヴィータンクを弥生賞(G2)に出走させている。10頭立ての10着に終わったものの、出走奨励金と出走手当あわせて約150万円を獲得しつつ、レースから3日後の3月7日に早々と競走登録を抹消。JRAから140万円の給付金が支払われ、生涯成績は1戦0勝ながらも約290万円を稼ぎ出すというマジックを炸裂させた。

 オカンモシャチョウとピンクダイヤが、重賞である新潟2歳Sでデビュー戦を迎えることとなれば、グレード制導入以降ではヘヴィータンク以来、約3年ぶり2回目のレアなケースとなる予定だった。

 前回、この奇策を成功させたフェニックス賞と18年の弥生賞はともに10頭立て。平地のオープン競走と重賞競走では10着までの馬に出走奨励金が交付される。そのため、ヘヴィータンクは当時のルールでは完走が条件。ルール改正された現在だと、デュガはタイム差による減額措置の対象にさえならなければ、あとは完走するだけで出走奨励金と特別出走手当が満額で発生した。

 ところが、今年の新潟2歳Sは14頭がエントリーしている状況。仮に全馬が出走してきて14頭立てとなれば、完走しても10着以内に入ることができなければ出走奨励金を手に入れることはできない。特別出走手当のみを得たところで、それほどの旨味はないかもしれない。

 さらに、デュガが出走したフェニックス賞はオープン特別にもかかわらず、中央で勝ち上がった馬が3頭しかいないという、いわば未勝利戦にも近いようなメンバー構成だった。

 新潟2歳Sはオカンモシャチョウとピンクダイヤ以外の12頭は全馬中央で勝ち上がりを収めている。フェニックス賞と違って非常に粒ぞろいのメンバー構成といえるだろう。

「札幌からC.ルメール騎手が乗りに来るアライバルや、ステラヴェローチェの半妹クレイドル、川田将雅騎手×中内田充正厩舎コンビのセリフォスなど、今年の新潟2歳Sは非常に強力なメンバーが揃いました。

仮に14頭立てとなった場合、これらの馬たちを相手に、オカンモシャチョウとピンクダイヤの2頭が10着以内に入るには、かなりの苦戦を強いられたかもしれません」(競馬誌ライター)

 森マジックの再現に注目が集まったが、最終的には回避が決定。

 さすがに分が悪いと見たのか、オカンモシャチョウは29日の新潟芝1600m新馬戦、ピンクダイヤは同日の新潟ダート1200mで行われる新馬戦に向かうことが、それぞれ発表された。

 ヨシオのジャパンC(G1)参戦など、これまで数多の常識を打ち破ってきたものの、引くときはしっかりと引く。こういった冷静さも、森師の名トレーナーたる所以だろう。

(文=冨樫某)

<著者プロフィール>
キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

JRAヨシオの調教師「マジック再現」狙うも不発!? 未出走馬2頭を重賞にエントリーしたものの……、今回ばかりは取り下げとなった裏事情のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  5. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内