GJ > 競馬ニュース > 森師「未出走馬」2頭を重賞に
NEW

JRAヨシオの調教師「マジック再現」狙うも不発!? 未出走馬2頭を重賞にエントリーしたものの……、今回ばかりは取り下げとなった裏事情

JRAヨシオの調教師、「未出走馬」2頭を重賞にエントリー! マジック再現狙うも、今回ばかりは容易に「決断」できない事情の画像1

 29日、新潟競馬場では芝1600mの新潟2歳S(G3)が行われる。

 過去10年の勝ち馬には桜花賞馬ハープスターや、今年のマイラーズC(G2)を制したケイデンスコール。2着馬にも後の皐月賞馬イスラボニータや、国内外でG1・3勝を挙げたジャスタウェイなどが名を連ねる出世レースだ。

 偉大な先輩たちに続かんとばかりに、今年も14頭の若駒がエントリーしてきた。

 中でも一際目を引いたのは、オカンモシャチョウとピンクダイヤの2頭ではないだろうか。共にまだ1戦もしていない未出走馬。管理するのは栗東の森秀行調教師だ。

 森師といえば今月14日、未出走馬であるデュガをいきなりオープン特別のフェニックス賞でデビューさせたことで、大いに話題を集めた。武豊騎手を背に不良の馬場コンディションを、後方から差を詰めて3着を確保。新馬戦2着の賞金である280万円を上回る400万円を見事に獲得している。

 また、2018年には、同じく未出走馬のヘヴィータンクを弥生賞(G2)に出走させている。10頭立ての10着に終わったものの、出走奨励金と出走手当あわせて約150万円を獲得しつつ、レースから3日後の3月7日に早々と競走登録を抹消。JRAから140万円の給付金が支払われ、生涯成績は1戦0勝ながらも約290万円を稼ぎ出すというマジックを炸裂させた。

 オカンモシャチョウとピンクダイヤが、重賞である新潟2歳Sでデビュー戦を迎えることとなれば、グレード制導入以降ではヘヴィータンク以来、約3年ぶり2回目のレアなケースとなる予定だった。

 前回、この奇策を成功させたフェニックス賞と18年の弥生賞はともに10頭立て。平地のオープン競走と重賞競走では10着までの馬に出走奨励金が交付される。そのため、ヘヴィータンクは当時のルールでは完走が条件。ルール改正された現在だと、デュガはタイム差による減額措置の対象にさえならなければ、あとは完走するだけで出走奨励金と特別出走手当が満額で発生した。

 ところが、今年の新潟2歳Sは14頭がエントリーしている状況。仮に全馬が出走してきて14頭立てとなれば、完走しても10着以内に入ることができなければ出走奨励金を手に入れることはできない。特別出走手当のみを得たところで、それほどの旨味はないかもしれない。

 さらに、デュガが出走したフェニックス賞はオープン特別にもかかわらず、中央で勝ち上がった馬が3頭しかいないという、いわば未勝利戦にも近いようなメンバー構成だった。

 新潟2歳Sはオカンモシャチョウとピンクダイヤ以外の12頭は全馬中央で勝ち上がりを収めている。フェニックス賞と違って非常に粒ぞろいのメンバー構成といえるだろう。

「札幌からC.ルメール騎手が乗りに来るアライバルや、ステラヴェローチェの半妹クレイドル、川田将雅騎手×中内田充正厩舎コンビのセリフォスなど、今年の新潟2歳Sは非常に強力なメンバーが揃いました。

仮に14頭立てとなった場合、これらの馬たちを相手に、オカンモシャチョウとピンクダイヤの2頭が10着以内に入るには、かなりの苦戦を強いられたかもしれません」(競馬誌ライター)

 森マジックの再現に注目が集まったが、最終的には回避が決定。

 さすがに分が悪いと見たのか、オカンモシャチョウは29日の新潟芝1600m新馬戦、ピンクダイヤは同日の新潟ダート1200mで行われる新馬戦に向かうことが、それぞれ発表された。

 ヨシオのジャパンC(G1)参戦など、これまで数多の常識を打ち破ってきたものの、引くときはしっかりと引く。こういった冷静さも、森師の名トレーナーたる所以だろう。

(文=冨樫某)

<著者プロフィール>
キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

JRAヨシオの調教師「マジック再現」狙うも不発!? 未出走馬2頭を重賞にエントリーしたものの……、今回ばかりは取り下げとなった裏事情のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  4. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  5. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  6. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  7. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  8. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  9. 川須栄彦騎手の初重賞制覇を飾った逃げ馬!保護猫30匹と暮らす“猫ざんまい”の余生
  10. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?