GJ > 競馬ニュース > 新人トップの若手騎手が「謎」のガッツポーズ!
NEW

JRA 新人トップの若手騎手が最終レースで「謎」のガッツポーズ! 初騎乗初勝利でもしなかった「パフォーマンス」を行った真意とは?

【この記事のキーワード】, ,
JRA 新人トップの若手騎手が最終レースで「謎」のガッツポーズ! 初騎乗初勝利でもしなかった「パフォーマンス」を行った真意とは?の画像1
永野猛蔵騎手 撮影:Ruriko.I

 24日から東京パラリンピックが開催される。オリンピックと並ぶスポーツの祭典だけあって、メダルを獲得した選手がガッツポーズで喜びを表現するシーンも見られるだろう。

 もちろん、競馬でもG1などの大レースで、時折ジョッキーがガッツポーズをする光景は珍しくない。

 22日の新潟競馬12R・3歳上1勝クラス(ダート1800m)では、平場のレースにも関わらず同様のシーンがあった。いわゆる最終レースに過ぎず、重賞ですらない。あえての“ガッツポーズ”には、どのような意味があったのだろうか。

 当事者となったのは、今年デビューしたばかりの新人・永野猛蔵騎手だ。

 同騎手は、このレースで自身が所属する伊藤圭三厩舎のエターナルボンド(牡4歳、美浦・伊藤圭三厩舎)へ騎乗。5番人気の伏兵で、見事に勝利を挙げて有終の美を飾った。今年デビューした新人騎手の中でも、最多の勝ち星を挙げている注目の若手騎手だ。最終レースでの活躍から、「最終のタケゾー」というニックネームも浸透しつつある。

 15頭立てのレース。五分のスタートを切ったエターナルボンドは、前から10番手の中団でレースを進める。

「気合をつけて流れに乗れれば」

 戦前にそう語っていた伊藤圭師の思惑通り、永野騎手は1000mを通過した辺りで手綱を動かした。エターナルボンドは乗り手の合図に応え、徐々に加速して進出を開始する。

 後方から捲っていったエターナルボンドは、4コーナーで5番手まで浮上。ラストの直線に入っても、脚色は衰えない。最後までしぶとく伸びて、1着を勝ち取った。

 どうやら、ここに先述したガッツポーズの真相があるようだ。

JRA 新人トップの若手騎手が最終レースで「謎」のガッツポーズ! 初騎乗初勝利でもしなかった「パフォーマンス」を行った真意とは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内