GJ > 競馬ニュース > 新人ジョッキー上半期の“通信簿”を大発表!
NEW

JRA 5年ぶりの女性騎手から「脱水状態」で騎乗停止騒ぎのアノ騎手まで…2021新人ジョッキー上半期の“通信簿”を大発表!

【この記事のキーワード】, ,

JRA 5年ぶりの女性騎手から「脱水状態」で騎乗停止騒ぎのアノ騎手まで…新人ジョッキー上半期の通信簿を大発表!の画像1

 全国的に梅雨が明け、いよいよ本格的な夏が到来した。

 夏といえば夏休み。「あの頃はよかったなあ……」と、遠い目で学生時代の夏休みを思い返す競馬ファンもいるかもしれない。

 そんな学生時代を振り返ると、夏休み前に1学期最後の締めとして手渡されたのが“通信簿”だ。楽しい夏休み前に、過酷な現実を知らされた筆者には、嫌な思い出しかない。

 まさにこの時期に手渡される“通信簿”だが、そこで今回は、3月にデビューした8人の新人騎手たちの“通信簿”を記してみた。

 デビュー以来の騎乗ぶりから「心・技・体」にクローズアップ。精神面、技術面、そして体力面の観点から“通信簿”のように5段階で評価。また、学校での生活態度も記されていた“通信簿”に倣って、ひと言コメントも添えている。

 なお、この評価はあくまでも筆者の独断と偏見で評したもの。競馬ファンのなかでも騎手批評については賛否両論、いろいろな意見があるだろう。その辺りはご了承願いたい。

JRA 5年ぶりの女性騎手から「脱水状態」で騎乗停止騒ぎのアノ騎手まで…新人ジョッキー上半期の通信簿を大発表!の画像2
永野猛蔵騎手 撮影:Ruriko.I

永野猛蔵騎手(美浦・伊藤圭三厩舎所属)
精神面:4
競馬ファンにすっかり定着した感もある「タケゾー」騎手。競馬関係者の血縁はおらず、自らの強い意志でJRA騎手になった過程を知ると、相当なメンタルの持ち主と推測できる。
技術面:5
新人騎手はその減量特典を活かした逃げ・先行騎乗が多いなか、永野騎手は16勝のうち4勝も、最終4角で7番手以下からのマクリ勝ちを決めている。技術的にも「追える」騎手だ。
体力面:4
ダート戦で定評ある永野騎手。ダートで「追える」騎手である以上、ルールの範囲内でムチを連打する“腕力”の強さが求められる。フィジカル面でもさらなるパワーアップに期待。

横山琉人騎手(美浦・相沢郁厩舎所属)
精神面:4
現在118鞍に騎乗して、1番人気に騎乗したケースはわずか3回。そのうち2勝している点は、人気のプレッシャーに潰されないタフなメンタルの持ち主と評価したい。
技術面:3
「もともと障害騎手になりたかった」と公言している横山琉騎手。まだまだ騎乗数が少なく、技術は未知数も、平地と障害の“二刀流”ジョッキーに変貌する可能性はある。
体力面:3
障害騎手を目指すなら、まずは平地競走で体力・技術を磨く必要があるだろう。障害飛越を華麗にこなすには、それ相応の身体のバランスが重要となる。ケガに強い身体づくりも必要だ。

JRA 5年ぶりの女性騎手から「脱水状態」で騎乗停止騒ぎのアノ騎手まで…2021新人ジョッキー上半期の“通信簿”を大発表!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬