GJ > 競馬ニュース > ルメール×キタサンが圧勝デビュー!
NEW

JRAルメール×キタサンブラックが6馬身圧勝デビュー! 「パワーアップしたら凄いことになる」父の主戦・武豊とのコンビ実現の可能性は?

JRAルメール×キタサンブラックが6馬身圧勝デビュー! 「パワーアップしたら凄いことになる」父の主戦・武豊とのコンビ実現の可能性は?の画像1

 28日、新潟競馬場で行われた5Rの新馬戦は、2番人気イクイノックス(牡2歳、美浦・岩戸孝樹厩舎)が6馬身差で勝利。これでキタサンブラック産駒は4勝目となったが、いずれも芝1800mの勝ち上がりとなった。

「全部よかった」

 昨年引退したアーモンドアイや、現役最強馬の一角グランアレグリアなど、数多の歴史的名馬の主戦を務めるC.ルメール騎手が最大限の賛辞を送った。それくらい、この日のイクイノックスのデビュー戦は衝撃的な内容だった。

 15頭立てで行われた芝1800mの一戦。ルメール騎手の「スタートが速くて、道中はまじめ」という言葉通り、好スタートを決めたイクイノックスはハナに立つと即座に折り合った。

 途中でトーセンシエロらが前に出たが、まったく慌てないレースぶりは、父キタサンブラックを彷彿とさせる走り。3番手でじっくり脚を溜めて新潟外回りの長い直線を迎えると、残り400m付近で満を持す形でスパート。一気にライバルたちを引き離すと、最後は6馬身差でゴールした。

「強いレースでした。レース後にルメール騎手が『まだ腰が少し緩いと思っていた』と話していた通り、まだ馬体的に幼い面を残していますが、それであれだけの走りができるということは相当大きな素質を秘めていそうです。ルメール騎手も『パワーアップしたら凄いことになる』と絶賛していましたよ。

まだ新馬戦を勝っただけですが、スタートが速くて、折り合い面でも心配が少ない点は父のキタサンブラックとよく似ていますね。これは、早くもキタサンブラックらしい大物が出たかもしれません」(競馬記者)

 強烈なインパクトを残すデビューを飾ったイクイノックスだが、来たる来年のクラシックに向けて、すでに明るい材料があるという。

「毎年のようにキラ星の如く豪華な新馬に騎乗しているルメール騎手ですが、実は今年はこの日までに20回騎乗して、わずか4勝とイマイチな成績でした。特に去年、騎乗機会6連勝を達成するなど、勝ち星を量産した北海道シリーズの新馬戦では、わずか1勝と苦戦が続いています。

そんな中で出会ったイクイノックスですから、ルメール騎手が『来年のクラシックはこの馬』と考えていてもおかしくはないですよ。それくらい今日はベタ褒めでした(笑)」(同)

 今夏、初年度産駒がデビューした新種牡馬キタサンブラックはまだまだ未知の存在だが、アーモンドアイらと同じシルクレーシングに所属するイクイノックスは、同世代の中でも間違いなくエリート。4年連続リーディングジョッキーがクラシックのパートナーに選んでも不思議ではない背景は持っているはずだ。

JRAルメール×キタサンブラックが6馬身圧勝デビュー! 「パワーアップしたら凄いことになる」父の主戦・武豊とのコンビ実現の可能性は?の画像2

「余談ですが個人的には、武豊騎手とコンビを組んでクラシックへ挑戦してほしいですね。というのもノーザンファーム系クラブのエース・ルメール騎手には、まだまだ強力な新馬が控えていますし、もし仮にルメール騎手がイクイノックスに乗らないのであれば、同じエージェントの武豊騎手にもチャンスはあるはずだからです。

キタサンブラックと言えば武豊騎手ですし、本人も以前から『(産駒に)乗りたい』と強く希望しています。もしコンビが実現すれば盛り上がること間違いなしでしょう」(別の記者)

「直線で凄い脚を使った。まだ腰が細いので伸びしろがある」

 この日、終始イクイノックスを絶賛したルメール騎手がそう簡単に手放すことはなさそうだが、他陣営からも引く手数多の存在であることも事実。いずれにせよ、イクイノックスが来年のクラシックを意識できる存在であることは間違いなさそうだ。

(文=大村克之)

<著者プロフィール>
 稀代の逃亡者サイレンススズカに感銘を受け、競馬の世界にのめり込む。武豊騎手の逃げ馬がいれば、人気度外視で馬券購入。好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー。週末36レース参加の皆勤賞を続けてきたが、最近は「ウマ娘」に入れ込んで失速気味の編集部所属ライター。

JRAルメール×キタサンブラックが6馬身圧勝デビュー! 「パワーアップしたら凄いことになる」父の主戦・武豊とのコンビ実現の可能性は?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  7. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス