GJ > 競馬ニュース > メイケイエール「最後の手段」1200m挑戦も2つの誤算
NEW

JRA武豊「最後の手段」1200m挑戦で起こった2つの誤算とは。「難しい馬ですね」1番人気メイケイエール7着惨敗……「4コーナーでは手応えがなかった」

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊「最後の手段」1200m挑戦で起こった2つの誤算とは。「難しい馬ですね」1番人気メイケイエール7着惨敗……「4コーナーでは手応えがなかった」の画像1

 29日、札幌競馬場で行われたキーンランドC(G3)は、3番人気のレイハリア(牝3歳、美浦・田島俊明厩舎)が怒涛の4連勝。狙い通りの賞金加算に成功し、秋のスプリンターズS(G1)の有力候補に浮上した。

 この夏、例年以上の旋風を巻き起こしているのが、3歳牝馬だ。

 特にサマースプリントシリーズとなる短距離重賞では、アイビスサマーダッシュ(G3)をオールアットワンスが制したことを皮切りに、先週の北九州記念(G3)で九州産馬のヨカヨカが地元Vを達成。そして、極めつけがキーンランドCを勝ったレイハリアというわけだ。

 また、彼女たちの代表格となる桜花賞馬のソダシも古馬を相手に札幌記念(G2)を制覇。斤量面のアドバンテージは然ることながら、今年の3歳牝馬は例年以上のハイスペック揃いだ。

JRA武豊「最後の手段」1200m挑戦で起こった2つの誤算とは。「難しい馬ですね」1番人気メイケイエール7着惨敗……「4コーナーでは手応えがなかった」の画像2
メイケイエール 撮影:Ruriko.I

 その一方、そんなトレンドに乗り切れなかったのが、この日のキーンランドCで1番人気に推されながらも7着に敗れたメイケイエール(牝3歳、栗東・武英智厩舎)ではないだろうか。

「3歳牝馬がすごいね。それに乗りたいよね」

 レース前そう話していたのが、まさにメイケイエールの主戦・武豊騎手だった。自身の公式ホームページでも「3歳牝馬の大活躍が話題を集めています」と綴り、「今週、その流れをメイケイエールも引き継ぎたいものです」と悩めるパートナーとの復活を誓っていた。

 しかし、ゲートこそ無難に出て好位を取ることに成功したメイケイエールだったが、好スタートを決めたレイハリアが内に切れ込む際に目の前を通ると、一瞬で我を失った。頭を高く上げると、武豊騎手の制止も空しく暴走気味にハナへ……。

 先頭に立ってからは落ち着いたようにも見えたが、最後の直線では本来の伸びを欠いて7着に沈んだ。

JRA武豊「最後の手段」1200m挑戦で起こった2つの誤算とは。「難しい馬ですね」1番人気メイケイエール7着惨敗……「4コーナーでは手応えがなかった」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. ブローザホーン「牡馬初」古馬でG1制覇! 人気種牡馬の「早熟」イメージ完全払拭へ
  4. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  5. 武豊×福永祐一厩舎、C.ルメール×木村哲也厩舎の期待馬が「直前回避」…競走馬が無事にデビュー戦までこぎ着けることの難しさ
  6. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  7. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  8. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは