GJ > 競馬ニュース > 中堅騎手が北海道・中山で見せた圧倒的存在感
NEW

JRA「4年ぶり」の決断は“吉”と出るか? セントライト記念(G2)は“乗替わり”も……、中堅騎手が北海道、中山で見せた圧倒的存在感

【この記事のキーワード】, ,
JRA「4年ぶり」の決断は吉と出るか? セントライト記念(G2)は乗替わりも……、中堅騎手が北海道、中山で見せた圧倒的存在感の画像1
大野拓弥騎手 撮影:Ruriko.I

 先週から、競馬ファン待望の秋競馬が開幕。11・12日の中山開幕週でその存在感を発揮したのが、関東の中堅ジョッキー大野拓弥騎手だ。

 11日の紫苑S(G3)では、4番人気のスルーセブンシーズで2着に入り、無事に秋華賞(G1)の優先出走権を獲得。翌12日の京成杯AH(G3)でも、12番人気のコントラチェックを2着に導く好騎乗をみせるなど、得意の中山開催でデビュー17年目の“円熟味”を見せてくれた。

 実は大野騎手は、今シーズン途中からある“決断”をしている。2017年、それまでエージェント契約を結んでいた武山修司氏との契約を解消。以降はいわゆる“フリー”として仲介者を介さず、自ら騎乗馬を確保していた。

 ところが、今年6月から実に4年ぶりとなるエージェント契約を再開。JRA公式HPにある「騎乗依頼仲介者一覧」の仲介者名の欄には、常木翔太氏の名前が記された。

 以降の大野騎手の騎乗成績を振り返ると、月間勝利数が4勝に終わった5月と比べて、契約を結んだ直後の6月は6勝、7月は9勝にアップ。特に今夏の函館シリーズ開幕後は、横山武史騎手やC.ルメール騎手と函館リーディングを争う好成績を残した。

 7月31日の函館最終レースの騎乗が原因で、8月14日から22日まで9日間(開催4日)の騎乗停止処分を受けてしまったのは痛かった。とはいえ、結果的に8月は未勝利に終わったものの、9月はすでに2勝、2着4回の好成績をマークした。

 騎乗停止明けにもかかわらず、あの横山武騎手とも契約を結んでいる“敏腕”エージェントが、毎週安定して騎乗馬を確保してくれる点は心強いだろう。さらに大野騎手が騎乗したことのない馬の騎乗チャンスを獲得してくれるなら、これほど有り難いことはないはずだ。契約した以降は、先の中山開幕週での活躍ぶりからも、騎乗に“全力投球”できているようにみえる。

JRA「4年ぶり」の決断は吉と出るか? セントライト記念(G2)は乗替わりも……、中堅騎手が北海道、中山で見せた圧倒的存在感の画像2

 そこで注目が集まるのが、来週20日のセントライト記念(G2)だ。こちらには注目馬ソーヴァリアントが出走。鞍上は戸崎圭太騎手に決定している。

 今夏の札幌競馬で1、2勝クラスを連勝中と、「夏の上がり馬」として注目を集めるソーヴァリアントだが、その1勝クラスのレースに騎乗したのは他ならぬ大野騎手。勝利後は「特に注文をつけるところはないですし、やはり走る馬です」とベタ褒めした注目馬の鞍上を戸崎騎手に譲った点は、複雑な思いがあるかもしれない。

 一方で、大野騎手はセントライト記念でヴェイルネビュラへの騎乗が決定。同馬のデビュー戦は福永祐一騎手で、2戦目の百日草特別ではC.ルメール騎手が騎乗。以降は戸崎騎手が騎乗した3戦を経て、前走のラジオNIKKEI賞(G3)では田辺裕信騎手が騎乗していた。

 その田辺騎手は、セントライト記念ではアサマノイタズラに騎乗予定。こうしたさまざまな経緯もあり、ヴェイルネビュラへの騎乗経験がない大野騎手にとって、いわゆる「テン乗り」での騎乗が実現。これも“敏腕”エージェントが仲介して「新コンビ結成」を勝ち取ったとしたら、是非ともこのチャンスを生かしたいところだろう。

 いずれにせよ、4年ぶりの“決断”はここまで、“吉”と出ている大野騎手。新たに組んだ“敏腕”エージェントと同騎手のタッグは、秋競馬を大いに盛り上げてくれそうだ。

(文=鈴木TKO)

<著者プロフィール> 野球と競馬を主戦場とする“二刀流”ライター。野球選手は言葉を話すが、馬は話せない点に興味を持ち、競馬界に殴り込み。野球にも競馬にも当てはまる「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」を座右の銘に、人間は「競馬」で何をどこまで表現できるか追求する。

JRA「4年ぶり」の決断は“吉”と出るか? セントライト記念(G2)は“乗替わり”も……、中堅騎手が北海道、中山で見せた圧倒的存在感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内