GJ > 競馬ニュース > 「森秀行マジック」の真骨頂はこれだ!
NEW

JRA 「森秀行マジック」の真骨頂はこれだ! ヘヴィータンクやヨシオの“奇策”だけにあらず、“グローバルエージェント”と評価される名伯楽の馬主最優先主義

JRA 「森秀行マジック」の真骨頂はこれだ! ヘヴィータンクやヨシオの奇策だけにあらず、グローバルエージェントと評価される名伯楽の馬主最優先主義の画像1

 13日からスタートした米国のキーンランド・セプテンバーセール。全米から約4000頭もの1歳馬が集まる大規模なセールは、約2週間に渡って世界中のバイヤーによって売買される。

 昨年のフェブラリーS(G1)優勝馬モズアスコット、三冠馬コントレイルの母も出身馬となっている同セールへは、日本からは矢作芳人調教師をはじめとしたトレーナーやバイヤーが参加している。

 中でも初日から一際目立ったのが森秀行調教師だ。森師は初日4位タイとなる高額落札馬となったジャスティファイ産駒3頭を、総額約2億4400万円で落札している。

 森師はCyber Agent代表の藤田晋氏やジャスパープリンスなどを所有している加藤和夫氏、マテラスカイなどのオーナーである大野剛嗣氏をクライアントとしており、オーナー代理として参加。初日に落札した3頭もこれら得意先の所有馬となる可能性が高い。

 森師と言えば、2018年の弥生賞(G2)に未出走馬ヘヴィータンクを出走させる“抜け道“的な「出走奨励金」を獲得したことなどで知られる“策士”として知られている。また、重賞未勝利のヨシオをジャパンC(G1)とチャンピオンズC(G1)の2レースに連闘させたことで物議を醸したことでも話題を集めた。

 一方、海外の関係者は森師を高く評価しているようだ。米国の競馬情報誌「BLOOD HORSE」は森師を「グローバルエージェント」と評して、インタビュー記事を掲載している。

 森師は通訳を介し「日本馬は少し高過ぎて購入できない。(キーンランドセールは)輸送費をかけても、同じ品質の馬をより手頃な価格で手に入れることができる」と、セール参加理由を表明している。

 日本ではセレクトセールをはじめ多数のセールが毎年開催されているが、平均購買価格など年々高騰している傾向にある。そこで、森師が目を付けたのが海外のセールで馬を購入して日本で走らせることだ。

 実際、森厩舎には多くの外国産馬が在籍しており、森師曰く管理馬の約80%が外国産馬とのこと。森厩舎は外国馬が多いことを売りにしており、海外馬を求めるオーナーの多くが森師のもとへやって来るそうだ。

 また、厩舎開業当初からの特色である「海外遠征経験」もセールスポイントとしている。実際に最近では、同セールで落札したマテラスカイやフルフラットを海外のG1レースへ出走させて結果を残している。

 我々競馬ファンから見ると「森マジック」は一見、レース賞金体制の隙を突くような大胆な出走を試みているようにも見える。

 しかし、実際は海外にもしっかりと目を向け、良質で比較的安価な馬を馬主のために購入し、鍛え上げて結果を出すことが「森マジック」の真骨頂といえるのかもしれない。

(文=寺沢アリマ)

<著者プロフィール>
大手スポーツ新聞社勤務を経て、編集部所属のライターへ。サラ系・ばん馬のどちらも嗜む二刀流で「競馬界の大谷翔平」を目指すも収支はマイナス。好きな競走馬はホクショウマサル。目指すは馬券的中31連勝だが、自己ベストは6連勝と道は険しい…。

JRA 「森秀行マジック」の真骨頂はこれだ! ヘヴィータンクやヨシオの“奇策”だけにあらず、“グローバルエージェント”と評価される名伯楽の馬主最優先主義のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!