GJ > 競馬ニュース > よもやの「誤算」に泣き崩れた藤田菜七子...
NEW

JRAよもやの「誤算」に泣き崩れた藤田菜七子、焦り隠せぬ万全アピールで消えた菜七子スマイル

【この記事のキーワード】, ,

JRAよもやの「誤算」に泣き崩れた藤田菜七子、焦り隠せぬ万全アピールで消えた菜七子スマイルの画像1

 17日の新潟2Rでルナエルモッサに騎乗して2着に入った藤田菜七子騎手だったが、レース中に負傷していたことが判明。その後、左鎖骨骨折と診断された結果、5R以降の5鞍は乗り替わりとなった。

 菜七子騎手は、昨年2月の小倉で落馬した際に同箇所を骨折していたが、先月21日に患部を固定していたプレートの除去を行ったばかり。これからというタイミングでの負傷は、本人にとって相当な精神的ダメージが残ったのではないか。

「最も得意とする新潟が始まる前に万全な状態にしたかったようですが、まさかのアクシデントに見舞われました。そもそも、プレートを除去する決断をする前に、近しい人達は本当に大丈夫なのか助言していたそうですから……。本人は勿論ですが、周りの方のショックもかなり大きいと聞きます。

師匠の根本康広調教師は菜七子騎手の技術的なミスではなく、ゲートを出るときに手綱の結び目の金具が当たる不運で滅多に起こることではないと説明しています。とはいえ、なぜその程度で再び折れてしまったのか」(競馬記者)

 その一方で、もしかすると支えるプレートを除去していなければ、今回の骨折は防げたかもしれないという声もある。だとしたら、除去手術を行って万全の状態をアピールするはずが、骨折の再発という皮肉な結果になってしまったともいえる。

「本人も違和感を覚えて、レース後すぐにJRAの医務室で診てもらったそうですが、結果を聞いて急に泣き崩れたそうです。周りにいたジョッキーや記者も何事かと騒ぎになったみたいですよ」(同)

 それもそのはず。勢いのある若手や減量騎手がどんどん出てきて、日ごとに存在感を増している状況でもある。骨折で離脱していた菜七子騎手としては、心中穏やかな日々ではなかっただろう。

 今年は18日現在で14勝。このままだと昨年の35勝、キャリアハイだった2年前の43勝を大きく下回る見通しだった。直近で最後に勝利したのも8月15日で、約2ヶ月も勝利から遠ざかっている。その間に2着は5回あれども、67連敗中ということもあり、巻き返したい気持ちが強かったことは想像に難くない。

 それだけに勝算の立つ新潟に懸ける思いは強かっただろう。しかも、新潟3週目には勝ち負けになる馬が複数スタンバイしていたことも痛恨の極みである。

 今回の件は、菜七子騎手のターニングポイントになる可能性も十分に考えられる。来春には当然ながら自身より斤量面で有利な新人騎手のデビューが控えている上、短期免許で外国人騎手の参入も再開されるといわれているからだ。

 一見、外国人騎手は重賞などの大きいレースで騎乗を任されるため、ローカル開催には影響がないように思えるが、それまで主場で騎乗依頼をもらっていた中堅騎手が追いやられ、第3場に鞍替えするケースも考えられる。

 そうなると当然ながらローカル開催にも影響は避けられず、騎乗馬の争奪戦は激しさを増すだろう。その中で病み上がりの菜七子騎手に騎乗馬が集まらなくなるのは明白だ。

 一刻も早く復帰したいと焦る気持ちはあるだろうが、完治しないで騎乗すると関係者への信用問題にも関わって来る。競馬界のアイドルとしてはデビュー以来、最大の正念場となりそうだが、まずは完治するのが最優先。再び菜七子スマイルが見られる日を待つのみである。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRAよもやの「誤算」に泣き崩れた藤田菜七子、焦り隠せぬ万全アピールで消えた菜七子スマイルのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  4. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  5. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  6. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  7. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  8. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  9. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  10. JRA横山典弘「再登板」もファンの胸中は複雑!?ソダシでも主戦騎手が降板の過去…「騎乗批判疑惑」で物議醸したコンビが復活