GJ > 競馬ニュース > 「2月中旬の復帰を目指します」福永祐一が継続する「武豊超え」の大記録。コントレイル引退後の2022年はターニングポイント?
NEW

JRA「2月中旬の復帰を目指します」福永祐一が継続する「武豊超え」の大記録。コントレイル引退後の2022年はターニングポイント?

【この記事のキーワード】, ,
JRA「2月中旬の復帰を目指します」福永祐一が継続する「武豊超え」の大記録。コントレイル引退後の2022年はターニングポイント?の画像1
福永祐一騎手

 26日、福永祐一騎手が関西テレビで放送されている『うまんchu』の人気コーナー「教えて!福永先生」のコーナーに出演。

 今月12日、シャティン競馬場で行われた香港スプリント(G1)でピクシーナイト(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎)に騎乗し、4頭が落馬するというアクシデントに巻き込まれ心配されたが、その姿に多くのファンが安堵したのではないだろうか。

 現在、左鎖骨骨折で療養中ではあるが「派手な落馬事故の割には大丈夫で、2月中旬の復帰を目指します」と前向きなコメントも残してくれた。

 その福永騎手だが、朝日杯FS(G1)を制したことで「JRA平地G1・24レース完全制覇」に注目が集まる武豊騎手を超える、歴代1位の継続している記録がある。

 年間勝利数100勝の連続記録だ。

 2011年と2013年に全国リーディングジョッキーに輝くなど、デビューしてから26年、多くの勝利を積み重ねてきた福永騎手だが、現在2010年から12年連続で年間100勝以上の勝ち鞍を挙げている。

 通算勝利数4319勝(26日現在)で歴代1位の武豊騎手さえ、長期海外遠征の影響もあって年間勝利数100勝の連続記録は9年連続。今年、去年と有馬記念(G1)の公開抽選も行なった、通算勝利数2943勝で2位の岡部幸雄元騎手も年間100勝の連続記録は9年連続と、毎年のように結果を出し続けるということの難しさが分かるのではないだろうか。

 また今年のリーディングを見ても、年間100勝を超えているのはトップの5人だけ。「年間100勝」という記録は、トップジョッキーの証になるはずだ。

 競馬は勝てば勝つほど良い馬が回ってきやすく、また逆も然りと、浮き沈みが激しい勝負の世界。その中で、毎年安定した結果を出し続ける福永騎手。あれだけ勝てないと言われていた日本ダービー(G1)では、ここ4年で3勝と圧倒的な存在感を示しており、ここにきて全盛期を迎えている感すらある。

JRA「2月中旬の復帰を目指します」福永祐一が継続する「武豊超え」の大記録。コントレイル引退後の2022年はターニングポイント?の画像2
コントレイル

 今年、無敗三冠に加え通算G1を5勝するなど「ジョッキー人生のすべてを注ぎ込んだ」とコメントするコントレイルが引退。福永騎手にとって、来年は大事な年になるのではないだろうか。

 来年2月中旬復帰予定としっかりと怪我を治してほしいが、1日も早く福永騎手を見たいファンも多いはず。トップジョッキーの証でもある「年間100勝」という記録を来年以降も継続し、これからも競馬界をさらに盛り上げてもらいたい。

(文=長尾りょう)

<著者プロフィール>
 はじめての競馬、ジャパンCで5番人気シュヴァルグランの単勝を当て、競馬にハマる。オルフェーヴルのように強いが、気性が荒く、成績にムラのある馬が大好き。今までで1番忘れられない馬券は、2018年の有馬記念ブラストワンピースの単勝。

JRA「2月中旬の復帰を目指します」福永祐一が継続する「武豊超え」の大記録。コントレイル引退後の2022年はターニングポイント?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!