GJ > 競馬ニュース > 有馬記念(G1)元JRA藤田伸二氏「スーパージョッキーになる」、不発の本命馬よりエフフォーリア横山武史に「嫉妬」が見え隠れ
NEW

有馬記念(G1)元JRA藤田伸二氏「スーパージョッキーになる」、不発の本命馬よりエフフォーリア横山武史に「嫉妬」が見え隠れ

【この記事のキーワード】, ,

有馬記念(G1)元JRA藤田伸二氏「スーパージョッキーになる」、不発の本命馬よりエフフォーリア横山武史に「嫉妬」が見え隠れ の画像1

 26日、中山競馬場では有馬記念(G1)が行われ、エフフォーリア(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)が1番人気に応えて優勝。皐月賞(G1)、天皇賞・秋(G1)に続く3つ目のG1タイトルを獲得した。

 鞍上を務めたのは22日に23歳になったばかりの横山武史騎手。道中はちょうど中団の位置取りと、いつもよりやや後ろになったが、最後まで落ち着いた手綱さばきが光った。

 そんな横山武騎手の好騎乗を手放しで褒め称えたのがJRA通算1918勝を誇る、元騎手の藤田伸二氏だ。この日は15時から自身のYouTubeチャンネルでライブ配信を行い、ファンの視聴者とともに有馬記念の行方を見届けた。

 藤田氏が本命に推したのは、横山武騎手の兄である横山和生騎手が騎乗したタイトルホルダー(牡3歳、美浦・栗田徹厩舎)だった。「大外(16番枠)だからといって、マイナス材料にはならない」と、現役時代の経験(有馬記念に12回騎乗)も踏まえた見解を披露。三連複フォーメーションの軸に据えた。

 自身がシルクジャスティスで制した1997年の有馬記念などを振り返りながら、あっという間に時間は過ぎ、発走時間を迎えた。ゲートが開くと、菱田裕二騎手のパンサラッサが予想通りハナへ。藤田氏が本命に推したタイトルホルダーは、やや離れた2番手を追走した。

 これには藤田氏も「(タイトルホルダーが)単騎でハナを切っているようなレースになっている」と予想通りの展開にニンマリ。直線を向いたところでタイトルホルダーが単独先頭に立ち、粘り込むかと思われたが、残り200mを切ったところで外からエフフォーリア、ディープボンドなどに交わされ、最後は5着でゴールインした。

 本命馬が馬券圏外に消えてしまい、残念ながら予想的中とならなかった藤田氏。大一番を見終え、「タイトルホルダーは残念だったけども」と切り出すと、「いいレースだったね」と気持ちを切り替え、レースを振り返った。

 そして次から次へと口をついて出てきたのが、勝利ジョッキーとなった横山武騎手への称賛の言葉だ。「武史、素晴らしいねー。うまく乗った。うまく乗ったし、大したもんだわ」と褒めちぎると、「彼は本当に立ち回りがうまいね。馬も強いけど、武史のコース取りとエフフォーリアに対しての信頼ってすごいね」と続けた。

 さらに「スーパージョッキーになるね。この子は」と将来の更なる飛躍を予想した上で、話題は唯一エフフォーリアが敗れた今年5月の日本ダービー(G1)にも及んだ。

 単勝1.7倍の断然人気に支持されるも、シャフリヤールにハナ差で敗れた7か月前のレースに思いを巡らせると「ダービーも(横山武騎手に)勝たせてあげたかったなって思う」と率直な気持ちを口にした。

 ただ、「ダービー勝たれちゃったら俺の2番目の最年少記録が破られちゃうんで、ちょっとその辺ジェラシー感じながら俺も見てたんで……」と当時の複雑な心境が再燃したようだった。

 ご存じの通り、1996年のダービーを2戦2勝のフサイチコンコルドで勝利している藤田氏だが、当時24歳だった。これはJRAが設立されて以降では、2番目の年少記録で、それ以降も2位という記録を保持している。

 7か月前は22歳だった横山武騎手に対し、嫉妬心のような気持ちを抱いていたことも明かした藤田氏。そんな元敏腕ジョッキーが改めて太鼓判を押した横山武騎手の未来は明るいに違いない。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

有馬記念(G1)元JRA藤田伸二氏「スーパージョッキーになる」、不発の本命馬よりエフフォーリア横山武史に「嫉妬」が見え隠れのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!