GJ > 競馬ニュース > C.ルメール「謎の乗り替わり」はカフェファラオを捨てたのか? フェブラリーS(G1)ダート女王とコンビ結成にチラつく「14馬身差」大物候補の存在
NEW

JRA C.ルメール「謎の乗り替わり」はカフェファラオを捨てたのか? フェブラリーS(G1)にチラつく「14馬身差」大物候補の存在

JRA C.ルメール「謎の乗り替わり」はカフェファラオを捨てたのか? フェブラリーS(G1)ダート女王とコンビ結成にチラつく「14馬身差」大物候補の存在の画像1

 20日、東京競馬場で開催されるフェブラリーS(G1)は、数あるJRA・G1の中で最初に行われるダートのマイル王決定戦だ。

 昨年は、C.ルメール騎手とコンビを組んだカフェファラオ(牡5、美浦・堀宣行厩舎)が、1番人気に応える見事な勝利。ペースを読み切った鞍上の巧みな手綱捌きも、本馬の初G1タイトル獲得に大きく貢献した。

 そして、今年もまたこのレースを目標に調整されているカフェファラオだが、陣営から発表されたのは意外な結果だった。

JRA C.ルメール「謎の乗り替わり」はカフェファラオを捨てたのか? フェブラリーS(G1)ダート女王とコンビ結成にチラつく「14馬身差」大物候補の存在の画像2
福永祐一騎手

 フェブラリーSでコンビを組む相手に、これまで主戦を任されてきたルメール騎手ではなく、福永祐一騎手を起用するというのだ。

 近走のカフェファラオは芝の函館記念(G3)を使われて惨敗、4番人気に推されたチャンピオンズC(G1)で11着だったとはいえ、ベスト条件が東京のダート1600。敗因もある程度の推測がつくだけに、今回の乗り替わりは「謎」にも映った。

 勿論、乗り替わる福永騎手もトップジョッキーの一人であり、人選的に大きな割引とはならないかもしれないが、カフェファラオには初騎乗。5年連続リーディングの第一人者を降ろしてまで依頼する相手なのかとなると疑問が残る。

 そこで思い浮かぶのが、ルメール騎手の恩師である藤沢和雄調教師の存在だ。2017年の日本ダービー(G1)をレイデオロで制し、ダービージョッキーとダービートレーナーの栄冠を手にした両者は、蜜月関係を築いてきた。栗東所属のルメール騎手が、関東で騎乗する機会が多いのも、藤沢厩舎の馬を優先している影響が大きいだろう。

 その藤沢厩舎にダートの新星として期待されていたのがクロパラントゥである。

 同馬は中央デビュー後に地方へ移籍して素質を開花。3連勝した中身も2着馬に計14馬身という圧勝で中央へと復帰した。出戻ってからも連勝は続き、昨年11月のシャングリラS(3勝クラス)の勝利で地方時代から6連勝中と日の出の勢い。

 2月に定年を迎える藤沢師としても、これまでダートG1優勝に縁がなかっただけに、今年のフェブラリーSはラストチャンス。何とか出走できればという想いもあったのだろう。

 しかし、前哨戦の根岸S(G3)に登録したものの、あえなく除外。最後の晴れ舞台への出走は叶わなくなってしまった。

「実際のところはどうか分かりませんが、ただでさえ外国人信者といわれる堀先生が、ルメール騎手を降板させた可能性は低いでしょう。カフェファラオが、アーモンドアイやグランアレグリア級なら話も変わりますけど、そこまでの大物ではありません。

まだ先の長い調教師ならともかく、藤沢先生は今月で定年ですから……。師の現役時代で最後のG1に出られそうな期待馬がいたなら、そちらを優先したとしても不思議ではないでしょうね」(競馬記者)

JRA C.ルメール「謎の乗り替わり」はカフェファラオを捨てたのか? フェブラリーS(G1)ダート女王とコンビ結成にチラつく「14馬身差」大物候補の存在の画像3
C.ルメール騎手

 そのルメール騎手だが、フェブラリーSで新たにコンビを組む相手はテオレーマ。こちらは昨年11月のJBCレディスクラシック(G1)、今年1月のTCK女王盃(G3)を連勝と上昇一途である。

 最終的にカフェファラオとのコンビは解消となったが、ルメール騎手が乗るからには、注意が必要な1頭となりそうだ。

(文=黒井零)

<著者プロフィール>
 1993年有馬記念トウカイテイオー奇跡の復活に感動し、競馬にハマってはや30年近く。主な活動はSNSでのデータ分析と競馬に関する情報の発信。専門はWIN5で2011年の初回から皆勤で攻略に挑んでいる。得意としているのは独自の予想理論で穴馬を狙い撃つスタイル。危険な人気馬探しに余念がない著者が目指すのはWIN5長者。

JRA C.ルメール「謎の乗り替わり」はカフェファラオを捨てたのか? フェブラリーS(G1)にチラつく「14馬身差」大物候補の存在のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  3. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  4. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  8. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  9. 【日本ダービー】ジャスティンミラノ「7枠15番」は勝利のフラグ!? 優勝馬は馬連払戻が次走で「100分の1」…戸崎圭太の援護射撃となるか
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”