GJ > 競馬ニュース > JRA大波乱の200万馬券……「荒れる未勝利戦」こそ浮き彫りになる本当の実力、プロが示した大物馬券ゲット術で春G1も大楽勝?
NEW

JRA大波乱の200万馬券……「荒れる未勝利戦」こそ浮き彫りになる本当の実力、プロが示した大物馬券ゲット術で春G1も大楽勝?

JRA大波乱の200万馬券……「荒れる未勝利戦」こそ浮き彫りになる本当の実力、プロが示した大物馬券ゲット術で春G1も大楽勝?の画像1
6週連続のG1開催も今週で終わり。懐事情はいかがだろうか?

  3歳馬の頂点を決めるオークス(G1)と日本ダービー(G1)が終わり、6週連続のG1開催も残すところ安田記念(G1)の一戦のみとなった。

 秋のマイルCS(G1)と対をなす、春のマイル王決定戦である安田記念だが、マイルCS同様、さまざまな名勝負が生まれてきた伝統の一戦である。それもあって、1番人気に推された馬が高確率で馬券圏内に好走するレースではあるが、一方で、1番人気が勝てない傾向が顕著になってきているレースでもある。

 しかし、それ以前のレースでは8番人気以下の馬が必ず馬券に絡んできており、3連単10万円オーバーの馬券も数回飛び出しているなど、決して堅い決着になるレースではない。むしろ、一筋縄ではいかないレースだと言ってもいいくらいだ。

 今年のメンバーは揃った感がある。昨年のNHKマイルC(G1)の覇者、安田記念3着、マイルCS2着の実績を持つシュネルマイスターをはじめ、目下4連勝中の上がり馬イルーシヴパンサー、ドバイで勝利を飾ったソングラインが人気の中心になりそうだ。

JRA大波乱の200万馬券……「荒れる未勝利戦」こそ浮き彫りになる本当の実力、プロが示した大物馬券ゲット術で春G1も大楽勝?の画像2
シュネルマイスター騎乗のC.ルメール騎手も復調気配だが果たして

  メンバーがこれだけ揃うと、取捨選択に困るだけでなく、G1で好走してこなかった伏兵の扱いも含めて難解極まるレースになるのはほぼ確実と言えそうだ。

 そんな安田記念だが、予想サイト『うまライブ!』の担当者は「人気薄の激走馬は事前に見抜けるもの」というのだ。

『うまライブ!』は2017年から開設されている予想サイト。「地方競馬で増やす! 中央競馬で稼ぐ!」というキャッチコピーの通り、地方競馬・中央競馬のどちらにも対応した幅広い予想によって、ユーザーからの熱い支持を得ている今話題のサイトだ。

JRA大波乱の200万馬券……「荒れる未勝利戦」こそ浮き彫りになる本当の実力、プロが示した大物馬券ゲット術で春G1も大楽勝?の画像3

 予想サイトのキモとも言える「信憑性」を第一に掲げ、信頼に値するクリーンなサイトを追求して運営されている。それを実現すべく最新かつ、オリジナルのコンテンツとして導入されているのが「的中ボイス」。馬券の当たりハズレ関係なく、ユーザーが利用したときの結果を報告できるようにしたことで、情報の信憑性を裏付けているのだ。

 そんな話題の『うまライブ!』は、数々の万馬券も的中させているようだ。特に5月14日に開催された東京5Rは枠連・馬連・馬単・3連複・3連単のすべてが万馬券になる大波乱だったが、これを的中させたのだ。

 5番人気→11番人気→8番人気と人気薄が馬券に絡み、三連単は188万5380円と約200万馬券となったレースだったが、このレースについて『うまライブ!』の担当者から話を聞くことができた。

「まず、我々は早い段階からステラナビゲーターを軸に想定していました。

 過去のキャリアを見るとわかりますが、本来はハナに立って逃げてこそ本領を発揮できる馬。これまでは同型馬が多いレースに当たってしまい、番手を強いられたため思うような成績を残せないでいました。

 そこで陣営は、前走でダートの1400m戦を使い、先行力を磨き上げることにしました。着順こそ10着でしたが、短距離戦の速い流れで2番手につける競馬をしたことは、ステラナビゲーターにとって大きな経験でした。

 そして、今回は距離を延長して再び1600m戦。この距離はこれまで3着がやっとということで人気になっていませんでしたが、一度1400mの厳しい流れを経験したステラナビゲーターの行きっぷりは、これまでとはまったく違いましたね。簡単にハナに立って、ペースの主導権を握った時点で『勝った』と思いました。

 2着以下は7着までが0.1秒差という大混戦でしたが、11番人気のナムラロロが2着になってくれたことは我々にとってラッキーでした。酷い出遅れグセがあるので、とても軸にできる馬ではないのですが、末脚のキレはこの未勝利クラスでは上位ということで相手に。

 結局、今回も出遅れてしまったわけですが、江田照男騎手も今回は2回目ということで、前回の出遅れに比べれば、全然勝負できるほどだったのが幸いでしたね。まさに穴の江田テル様々だと思います(笑)。

 3着については前残りしたときに狙いたい馬を数頭選んだうちの1頭で、こちらも人気薄ということで、狙っていた以上に大波乱の馬券を手にすることができました」(うまライブ!担当者)

 ここまで緻密に計算して買い目を選択し、推奨できるのはやはりプロだからこそなのであろう。素人の目では人気薄の馬に対して期待をかけて分析することは難しい。

 しかし、だからこそ大波乱の結果になったとしても、何事もなかったかのように的中させることが可能なのだ。それだけに利用する側としては、予想に信頼が置けるということでもある。さらに『うまライブ!』では、全額返金保障サポート(サイト内ポイントで返還)も行っているというから驚きだ。

『うまライブ!』の登録にはメールアドレスがあれば、パソコン・タブレットはもちろん、スマホからでも可能。さらに登録は無料だというのだから、気軽に登録できるのがありがたい。

 中央競馬はもちろん、地方競馬にも興味のあるユーザーであれば『うまライブ!』に登録して、今まで体験したことのない馬券ライフを体感してみてはいかがだろうか。

※本稿はPR記事です。

JRA大波乱の200万馬券……「荒れる未勝利戦」こそ浮き彫りになる本当の実力、プロが示した大物馬券ゲット術で春G1も大楽勝?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  3. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  4. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  5. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  9. 武豊「幸四郎みたいな感じ」シュガークンにブラックジョーク!? レジェンドの“全弟”が騎手として「兄を圧倒」した意外性
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬