GJ > 競馬ニュース > 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
NEW

JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦

【この記事のキーワード】, ,
JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1主役の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦の画像1
撮影:Ruriko.I

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。毎度おなじみ下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみるこのコーナーだが、今回は【特別版】として、2022年上半期のトピックスを振り返ってみた!まずは前半戦から。

ライター「A」:光陰矢の如し。2022年も、もう折り返しです。

デスク「Y」:ホント早過ぎるよ!もう真夏かってくらい暑いしさぁ。やってらんないよ。

ライター「A」:またまたぁ、馬券を外しすぎてデスクの懐はしっかりクールビズじゃないですか。

デスク「Y」:夏を越せないかもしれない……。なんでこんなことになったのか記憶が無いわ。

ライター「A」:(あんなに負けてたらなあ)そんなデスクのためにも、今回は特別版として【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】を振り返りたいと思います!

デスク「Y」:助かるわぁ。ただ同時に負けた額も思い出しちゃって……ああああああああああああああああああああああああ。

ライター「A」:頭抱えちゃった。これ以上、危なくなる前にさっそくいってみましょう。

<1月23日掲載>
JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」

JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1主役の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦の画像2

ライター「A」:若手ホープと目されていた和田翼騎手が大スランプに陥っているようです。

デスク「Y」:丸1年勝てなかったんだよね。でも、もう連敗はストップしたんでしょ?

ライター「A」:ところが3月に入っても勝ち星を挙げられず。しかも4月には調教で落馬してしまい、現在も戦線離脱中です……。

デスク「Y」:ああ、辛いなぁ……。

ライター「A」:ただ5月には手術を無事に終えて、もうトレセンにも顔を出せるようになったそうです。

デスク「Y」:復帰まではあと少しってところかな。まずは身体を治してから万全の状態で戻ってきてほしい!

ライター「A」:復帰をお待ちしております。


<2月4日>
JRA福永祐一が疑問を呈した藤田菜七子「G1制覇」最大のチャンス。オーナーが「正直に言うと勝てたレースだった」と語る“奥深い敗戦”から約2年半

ライター「A」:藤田菜七子騎手が「G1制覇」に最も近づいた瞬間を振り返った記事が話題となりました。

デスク「Y」:JBCスプリント(G1)は惜しかったよねぇ。勝ち馬ブルドッグボスとはクビ差の2着だった。

ライター「A」:テレビで見ながらデスクも叫んでいましたもんね。

デスク「Y」:女性騎手のG1初制覇だよ!? そりゃ力も入るって。

ライター「A」:そのコパノキッキングも今年の5月に引退が発表されました。菜七子騎手も初重賞を制覇した相棒について惜別のコメントを出しています。

デスク「Y」:菜七子騎手は今年現時点で4勝と不調だから、なおさらショックだっただろうなぁ。

ライター「A」:ただ今後、菜七子騎手は福島競馬場、新潟競馬場を中心に騎乗する予定のようです。新潟は通算で63勝をあげているだけに本人にもいいイメージがあるはず。ここで浮上のきっかけをつかみたいところでしょうね。

デスク「Y」:今後の巻き返しに期待!

<3月7日掲載>
JRA 引退ラッシュ「被害者」C.ルメールも、川田将雅も、福永祐一も完全にお手上げ!? 2022年春G1の主役は「4戦連続1番人気」濃厚のあのジョッキー

JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1主役の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦の画像3

ライター「A」:昨年、大ブレイクを果たした横山武史騎手が今春大暴れするのではないかと予想されていました。

デスク「Y」:お手馬がハンパないってって話題になったんだよね。

ライター「A」:ただそううまくはいかず、レシステンシアで挑んだ高松宮記念(G1)は6着、大阪杯(G1)もエフフォーリアで9着。桜花賞(G1)もナミュールで10着に終わるなど、いずれも1番人気に支持されていたものの、掲示板にすら載らないという結果に終わっています。

デスク「Y」:逆噴射しちゃったなぁ。

ライター「A」:レシステンシアはヴィクトリアマイル(G1)で3着、ナミュールもオークス(G1)で3着と意地は見せたものの、エフフォーリアは宝塚記念(G1)でも6着に終わりました。

デスク「Y」:63勝をあげて騎手リーディングでも、2位タイにつけているけど、大舞台で結果がついてきてないね。ただ若いし、ここからの成長にも期待できる逸材。ファンとしては長い目で見てあげたいよね。

ライター「A」:デスクとは違って伸び代しかないですしね。

デスク「Y」:こちとら現状維持すらままならないからね。物忘れは激しいし、近くの物も見づらくなってきたうえにドライアイ。朝起きたら身体のあちこちが痛いし、メタボで通風予備軍だし……。

ライター「A」:少しは体調面も気遣ったほうがいいですよ。いつも穴が開くほど出馬表やデータ表とにらめっこしているけど当たらないし……。やけ酒の量は増える一方だし。

デスク「Y」:まだだ、まだ終わらんよ!

ライター「A」:そんな生活を続けていたら終わりは近いですよ!

※後半に続く

(構成=編集部)

JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  5. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内